転職・退職

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイト3選

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイト3選

「飲食業界から他の業種へ転職するのにおすすめの求人サイトは?」

「どんな手順で進めれば転職できる?」

「そもそも他業種に転職できるの?」

 

そんなお悩みにお答えします。

 

本記事では飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイト3つと、転職エージェントをご紹介してます。

 

年収を減らさずに転職する手順も公開。

 

飲食業界から他業種に転職したいけど、どんなサイトを利用すれば良いのか悩んでいる方は是非最後までお読みください。

 

飲食業界から他業種への転職するできるの?

飲食店求人サイトで年収を上げる転職の方法

飲食店業界から他業種への転職は出来ます。

ただし、年齢を重ねると年齢制限がある会社では働けなくなるので、早めの判断が大切です。

 

20代であれば問題なく他の業種への転職が出来ます。

 

30代も前半であれば、まだ大丈夫です。

 

30代後半になると年齢制限に引っかかってきますので、飲食業界から近い職種でなければ転職は難しいでしょう。

 

40代となると、年齢制限的にも肉体的にも精神的にも難しいでしょう。

 

40代になるとそれこそ友人や知人の紹介でなければ、他の業種への転職は難しいです。

 

他業種となると0からにスタートで20代前半の人たちと一緒に行動しなければならないですし、上司も年下になります。

 

そんな労働環境に耐えられる、体力と精神力があれば挑戦しても良いでしょう。

 

とは言え、年収も大事です。

 

あまり安い給料では働けないと思うかもしれませんが、他の業種の方が給料水準は高いので収入の面ではそんなに心配いらないかもですね。

 

まとめると、20代なら余裕で他の業種へ転職できます。

やはり若さというのは最大の武器であると言えます。

 

30代も他業種への転職は可能性があります。

ただし、後半になるにつれて難しくなります。

 

40代となると他業種への転職というのはかなり難しいです。

それでも絶対に無理というわけではないので、チャレンジしてください。

 

転職におすすめの他業種とは?

転職するならどんな他業種が良いのかについて解説します。

 

転職したい動機によっても変わりますが、今回は収入の面について解説していきます。

年代事に分けて解説していきます。

 

 

年代別

20代

30代

40代

 

20代

20代で他業種に転職するのであれば、どんな業界でも可能です。

 

あなたの興味のある業種に思い切ってチャレンジしてください。

 

20代であれば、飲食業より給料が少ないということはあまりないので、収入の面での心配はないです。

 

問題は興味はあるけど、全くの素人で仕事が出来るのかという不安があります。

 

そんな時は本記事でご紹介する他業種へ転職する4つの手順(後述します)を実践してください。

 

そうすることで、全くの未経験という場合でも若さと真面目さなどを武器に転職出来る可能性があります。

 

将来的にも明るい業種と言えば、IT系で間違いないでしょう。

 

プログラミングやAI、5Gなどの通信系などここら辺の業種であれば、しばらく衰退することはないのでしょうか?

 

30代

30代で他業種に転職するには多少業界を選ばなければなりません。

 

全くの未経験の業種では収入が下がるでしょう。

 

ようやく30万円代になった給料がまた、20万円くらいからのスタートになります。

 

20代のところで揚げた職業であれば将来的には稼げるようになるので、一時的な減収ということで割り切れるかもしれません。

 

しかし、将来性のない業種を選んでしまうと、ただ単純に給料が下がるだけとなってしまいます。

 

そうならな為にも正しい手順で転職をしましょう。

 

30代まで飲食業界にいたのであれば、それに近いところで転職するのが年収を上げるチャンスです。

 

例えば、食べログのようなグルメサイトへの転職や、飲食店の立ち上げの会社やコンサルティング会社などのような、これまでの経験を活かして売上をあげられるような業界であれば、年収のアップも見込めます。

 

年収をアップする為の他業種の転職であれば、あなたのこれまでの経験が活かせる会社に転職しましょう。

 

40代

40代で他業種に転職するのはかなり難しいでしょう。

 

先ほどもご紹介したように、知人や友人の紹介でなければ可能性は低いです。

 

年収を大幅に減らしたくないのであれば、チェーン店の統括料理長などを目指すのがおすすめです。

 

次の所でご紹介する転職する為の4つの手順を踏むことで、あなたの市場価値を図ることが出来るので是非お試しください。

 

飲食業界から他業種への転職するための4つ手順

飲食業界から他業種への転職するための4つ手順

 

飲食業界から他業種への転職する為のの4つの手順について解説します。

 

4つの手順は以下になります。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 転職サイトで求人を探す
  3. 気になった求人を転職エージェントに伝える
  4. 転職エージェントから推薦状月で応募する

 

以上の手順を踏む事によって、求人サイトからの直接応募するよりも高待遇や高い年収で転職できる可能性が高くなります。

 

サラリーマンの方特に上場企業に勤めている方などは、この方法を使って転職して年収を増やす事に成功しています。

 

もしも、あなたがこれまで求人サイトから直接応募しかしていないようでしたら、次回の転職はこの手順で試してみてください。

 

今の職場の待遇に納得いかない方も、働きつつこの方法で転職準備をしておくとスムーズに転職できます。

 

大事なのは転職サイトに登録しつつ転職エージェントを使うことです。

 

転職エージェントを使うことで、客観的にあなたの市場価値を見極めてもらえ、年収の購入までしてもらえるので、使わないと損です。

 

転職エージェントを利用するのに費用はかかりません。

 

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイト3選

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイト3選

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイトをご紹介します。

 

飲食業界に転職するのであれば、「グルメキャリー」や「クックビズ」が有名ですが、他業種に転職するとなると、利用する求人サイトも重要です。

 

とは言え、飲食店で働いているということは一般的な求人サイトは使ったことがないと思います。

 

僕もそうでした。

飲食業界への転職であれば、飲食業界専門の求人サイトを利用していました。

 

他業種に転職するならどの求人サイトに登録すれば良いのか?

 

ここに登録しておけば間違いないという3つのサイトをご紹介します。

 

  • ビズリーチ
  • リクナビNEXT
  • マイナビ転職

 

ビズリーチ

 

【公式サイト】 https://www.bizreach.jp/

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトです。

 

年収500万円以上の転職者がターゲットらしいので、30代・40代の転職ならビズリーチで転職して年収上げる事が可能かもしれません。

 

利用した人の感想によると、求人の質も他の求人サイトと比べると高いようなので、登録しておきたい求人サイトです。

 

転職エージェントからのスカウトもくるので、転職サイトとしても使えますし転職エージェントとしても使えます。

 

色々な求人サイトに登録するのが面倒だという場合は、ビズリーチ1択でも良いかもしれません。

 

登録はこちら(公式HP)

 

リクナビNEXT

【公式HP】 https://next.rikunabi.com/

リクルートキャリアが運営する求人サイトです。

 

大手の転職サイトなのでウリは新着求人の多さです。

 

毎週1,000件以上の新着求人があるので、スカウト機能を使って効率よく情報を入手してください。

 

スカウト機能や転職ノウハウなども公開してますので、転職を考えている方にはお役に立ちます。

 

登録はこちら(公式HP)

 

マイナビ転職

 

【公式サイト】 https://tenshoku.mynavi.jp/

マイナビ転職の特徴は未経験でも応募できる求人が多い事です。

 

職歴の短い料理人の方はこちらがおすすめです。

 

ビズリーチでは年収が500万円以上がターゲットなので、上手く見つかれば大幅年収アップも見込めますが、20代での他業種への転職であればマイナビ転職が良いでしょう。

 

地方にも支社があるので、都心部に住んでいなくても転職活動ができるのも魅力の一つです。

 

地元に帰るという時の転職にも利用できますね。

 

登録はこちら(公式HP)

 

 

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ転職エージェント4選

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ転職エージェント4選

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ転職エージェント4つをご紹介します。

 

転職エージェントは求人サイトと違い複数登録するものではありません。

 

結論を行ってしまえば、担当のエージェントになる人が重要です。

 

とは言え、エージェント会社の強みなども関わってくるので、年収をアップさせるという意味では転職エージェント会社の特徴が反映されます。

 

  • リクルートエージェント
  • doda転職エージェント
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア

 

リクルートエージェント

 

【公式HP】 https://www.r-agent.com/

転職エージェントで最も有名なのがリクルートエージェントではないでしょうか?

 

転職エージェントはどこを選べば良いのかわからないという時はこちらに登録しておけば間違いないです。

 

求人の検索画面も使いやすく、初めての転職エージェントを使う場合でも、わかりやすいです。

 

大手の転職エージェントなので、安心・安全でお任せする事ができます。

登録はこちら(公式HP)

 

doda転職エージェント

【公式HP】 https://doda.jp/consultant/

doda転職エージェントでは非公開求人を含む10万件以上の求人からあなたの適性にあった求人を紹介してもらえます。

 

こちらも大手転職エージェントなので、求人の質も量も申し分ないです。

 

全国に12箇所以上のキャリアカウンセリング場所を持っているので、エージェントと実際にあって相談できるのが強みです。

 

あなたのこれまでの経験や実績、これからやりたいことなどをキャリアアドバイザーと呼ばれるプロの転職エージェントが親身になって聞いてくれます。

 

あなた自身の新たな魅力を発見して新しい武器にして有利な転職へとつなげてくれます。

 

登録はこちら(公式HP)

 

 

マイナビエージェント

【公式HP】 https://mynavi-agent.jp/

 

初めての転職で利用するならマイナビエージェントです。

 

これまでの職歴やキャリアが短くても、悩みや不安を解消して懇切丁寧に相談に乗っていただけます。

 

マイナビエージェントは業界ごとに専用のキャリアアドバイザーが在籍しているので、細かい気づきなどを指摘してもらえるのでとても助かります。

 

敷居の高い金融や不動産関係の転職も可能になるかもしれません。

 

登録はこちら(公式HP)

 

パソナキャリア

【公式HP】 https://www.pasonacareer.jp/

他の転職エージェントと比べると求人数がそこまで多くありません。

 

転職成功のノウハウなどを公式HPで公開しているので、それを読むだけでも価値があります。

 

細かい手順や面接の方法なども詳しく書かれています。

 

登録はこちら(公式HP)

 

飲食業界から他業種への転職するための見ておくべきサイト

飲食業界から他業種への転職するための見ておくべきサイト

飲食業界から他業種への転職するための見ておくべきサイトをご紹介します。

 

今までの飲食業界にしかいなかったので、一般サラリーマンがどんな仕事をして、どんな労働環境で働いているのか知りたいですよね。

 

転職サイトや転職エージェントからでは、情報に偏りが出てきてしまいます。

 

できる限り転職先の業界や、転職先の会社の情報が欲しい所です。

 

それを調べるのにおすすめのサイトが「転職会議」です。

 

転職会議

【転職会議HP】 https://jobtalk.jp/

転職会議とは国内最大級の300万件以上の転職の口コミ情報を掲載しているサイトです。

 

会員数は700万人以上いるので、現役社員や元社員からの口コミを閲覧する事ができます。

 

転職先の業界や企業の口コミも掲載されているかもしれません。

 

働きたい会社の情報を知るのはとても大事な事です。

 

企業の求人情報なども掲載しているので登録しておいて損はないです。

 

>>>【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

 

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイト3選まとめ

飲食業界から他業種への転職するためのおすすめ求人サイト3選まとめ

 

あなたが飲食店で働いていて、転職するときに重要視している事はなんですか?

 

お金が全てではないですが、お金があれば余裕が生まれるのも事実です。

 

あなたの今働いているレストランでの年収や休日は適性でしょうか?

 

あなたの市場価値はもっと高いのかもしれません。

 

他の業種に転職すればプライベートな時間や大切なものが発見できるかもしれません。

 

朝から晩まで働いて、休日も1ヶ月に6日しかなくしんどいなと思っていませんか?

 

とはいえ、飲食店では有給もないから辞めるのにも貯金や準備が必要になります。

 

他業種に転職するにしろ、飲食店で働きながら転職サイトと転職エージェントに登録して転職の準備をしておきましょう。

 

転職エージェントを利用することで、交渉のしづらい年収や休日、ボーナスや長期休暇の事も遠慮なく相談できます。

 

あなたが今までの転職で求人サイトだけの応募しかしていなかったのなら、転職エージェントを使った転職をお試しください。

 

労働環境や年収などの希望の求人が見つかったら「退職代行」を利用してでも飲食業を辞める事をおすすめします。

 

やっぱり飲食業界に転職したいという方は以下の記事で紹介しているサイトを参考にしてください。

>>>飲食店求人サイトで年収を上げる転職の方法と4つの手順

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-転職・退職

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5