独立・開業

Alipay(アリペイ)を導入する3つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

Alipay(アリペイ)を導入する3つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

「QRコード決済導入したいけどAlipayってどうなの?」

「メリットはある?デメリットはある?」

 

そんな飲食店様のお悩みを解決します。

 

中国の決済ブランドAlipay。

中国人の観光客も増えてきたし導入するべきなのか?

でも中国のってなんか不安。

そんなに使っている人って多いの?

 

などなど悩みがあると思います。

けれどもAlipayで決済できるようにしておいた方が、売上アップに繋がります。

 

最後までお読み頂ければAlipay(アリペイ)を導入すると売上アップに繋がる理由が理解できます。

 

Alipay(アリペイ)とは?

Alipay(アリペイ)とは?

Alipay(アリペイ)とは中国のアリババグループが運営する世界有数の決済サービスです。

 

世界の50以上の国や地域で提供されていて、アクティブユーザーは12億人です。

 

また、250以上の海外金融期間及び決算ソリューションプロバイダーと契約して、中国人観光客及び中国越境ECサイトを利用する海外顧客の決済を可能にしています。

 

\ アクティブユーザー12億人/

Alipay公式HPはこちら

 

Alipay(アリペイ)の2つのデメリット

Alipay(アリペイ)の2つのデメリット

Alipay(アリペイ)の2つのデメリットについてご紹介します。

デメリット

  • ポイント還元がない
  • 日本語対応していない

 

ポイント還元がない

アリペイは日本の他のQRコード決済サービスと違いポイント還元はありません

 

0円サービスやキャッシュバックなどのポイント還元がAlipayにはありません。

 

中国ではすでに浸透しているので、ポイント還元をする必要がないのでしょう。

 

キャンペーンがたくさんあるQRコード決済はPayPay。

>>>PayPayを導入する4つのメリット・デメリット【飲食店向け】

 

日本語対応していない

Alipayは中国国内で主に使われている為、2020年4月現在日本語に対応していません

英語もしくは中国語で操作する必要があります。

 

英語や中国語での操作では面倒臭そうですよね。

ちょっと使う気にもなりません。

 

しかし、テイクミーペイというサービスを利用すれば、QRコード決済をまとめる事ができるのでそんなお悩みも解消できます。

 

テイクミーペイについては以下の記事で詳しく解説しています。

>>>Take Me Pay(テイクミーペイ)のメリット・デメリット|口コミや評判は?

 

Alipay(アリペイ)の3つのメリット

Alipay(アリペイ)の3つのメリット

Alipay(アリペイ)の3つのメリットについてご紹介します。

3つのメリット

  • 無料で始められる
  • 圧倒的なユーザー数
  • 言葉が必要ない

 

無料で始められる

Alipay(アリペイ)完全に無料で使い始める事ができます。

 

Alipayは他の日本のQRコード決済と連携しているので、同時申し込みや追加申し込みで無料で始める事ができます

 

圧倒的なユーザー数

Alipay(アリペイ)の最大の特徴は圧倒的なユーザー数です。

 

冒頭でもご紹介しましたが、アクティブユーザー数が12億人と圧倒的な多さです。

多くのユーザーが中国人でしょ?

と思われるかもしれません。

 

確かに人口の多い中国人が多くのアクティブユーザーであることは間違い無いです。

 

ただし、中国人が日本に観光に来ているのも事実です。

「爆買い」なんて言葉もありました。

 

以下の数字をみてください。

  • 中国人が海外旅行した数のべ1億5,000万人
  • 日本に旅行にきた中国人のべ838万人
  • 日本に旅行に来た中国人の平均消費額225,000円

※2018年の数字

 

これだけの中国人の人が日本に旅行にきています。

そしてお金を使っています。

 

ちなみに来日した中国人ののべ838万人というのは東京都の人口(約900万人)と同じくらいです。

 

今後さらに中国人観光客は増えて行くでしょう。

そんな時にAlipayを使えるようにしておけば、売上アップに大きな役割を果たします。

 

言葉が必要ない

Alipay(アリペイ)を利用すれば中国語での会計をしなくて済みます。

 

Alipayを使えば中国語や英語で金額のやり取りをしなくても、QRコードを提示するだけで決済が完了します。

 

慣れない海外のお客様でも慌てる事なく対応する事ができるので、お釣りの渡し間違えなどを防ぐ事ができます。

 

中国では日本よりもキャッシュレス化が進み、屋台などでも利用できます。

 

つまり、お店だけでなく個人でも利用している方が多いのです。

日本人の僕たちよりもQRコード決済に慣れています。

 

ちなみに中国の人口は14億人です。

アクティブユーザーが12億人です。

 

全てのユーザーが中国人出ないとしても、約9割の人がAlipayを使っている、もしくは使った事があると言えます。

 

Alipay(アリペイ)の飲食店の4つの基本的な使い方

Alipay(アリペイ)の飲食店の4つの基本的な使い方

Alipay(アリペイ)の飲食店での使い方は大きく4つあります。

 

基本的な使い方は以下の4つになります。

ポイント

  • POS型
  • 端末方
  • タブレット型
  • ステッカー型

 

POS型

POS型とはレジのバーコードリーダーで、お客様のスマートフォンに表示されたAlipayのバーコードを読み取るだけで決済が完了する方法です。

 

端末型

固定回線やプリンターを用意する事なく、野外店舗以外でも利用できます。

 

タブレット型

タブレット型はタブレットに表示されたQRコードをお客様がスキャンして決済するタイプです。

アプリをダウンロードする事ですぐに使用できます。

 

ステッカー型

ステッカー型はQRコードを印刷するだけで始められるので、初期費用ほぼ0円で導入可能です。

中国で一番使われている決済手段です。

 

 

Alipay(アリペイ)の2つの決済プロセス

Alipay(アリペイ)の2つの決済プロセス

Alipayは決済プロセスが2種類あるので解説します。

 

以下の2種類になります。

2つのプロセス

  • 端末型・タブレット型
  • ステッカー型

 

端末型・タブレット型

端末型・タブレット型の決済プロセスはお店が専用アプリを立ち上げます。

お店が金額を入力しお客様のQRコードを読み取ります。

 

支払い完了後お店とお客様にお知らせがいきます。

お店に日本円で振込されます。

 

ステッカー型

ステッカー型の決済プロセスの場合。

お客様がアプリを開いてQRコードをスキャンします。

 

お客様が入力した金額を確認。

支払い完了後にお店とお客様にお知らせがいきます。

 

お店に日本円で振込されます。

 

Alipay(アリペイ)を導入するメリット・デメリットのまとめ

Alipay(アリペイ)を導入するメリット・デメリットのまとめ

飲食店がAlipay(アリペイ)を導入する3つのメリット・デメリットについて解説しました。

 

結論から言うとAlipay(アリペイ)を導入しないと損です。

 

というのも、すでに日本の決済サービスとも連携しているのでAlipay(アリペイ)だけで導入しなくて済むからです。

例えばPayPayに申し込んでおけば、Alipayも使えようになるという事です。

 

これなら日本語に対応していなくても導入は簡単です。

PayPayであれば完全に無料で使い始める事が出来るので、(アリペイ)も無料で利用できる事になります。

 

今後さらに増えて行くであろう、中国人旅行客を新規顧客として取り込むチャンスでもあります。

 

 

と言うわけで飲食店は(アリペイ)を導入するのがおすすめです。

 

\ 無料で始められる!/

Alipay公式HPはこちら

 

と言いたい所ですが、申し込むのはまだ早いです。

まずは他のサービスと利用者数で比較して見てはいかがでしょうか?

>>>QRコード決済の比較7選|飲食店が導入するならどれを選ぶべきか?

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-独立・開業

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5