ゴーストレストラン

インスタグラム広告の費用と効果を検証した感想【飲食店向け】1回目

インスタグラム広告費用

「インスタグラム広告ってどれくらいの費用がかかるの?」

「広告を出した効果はあるの?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

2020年2月下旬、麻布十番で期間限定レストラン「麻布十番 朝シャン倶楽部」で実際にインスタグラム広告を出稿した方法と結果について、ご紹介していきます。

 

現在進行形でインスタグラム広告を出稿しているので、備忘録的な要素も含まれていますが、飲食店をこれから始める方やすでに飲食店を経営していて、インスタグラム広告を検討しているという方には参考になるのではないでしょうか?

 

効果に関しては随時追加していくので継続的にご覧頂ければ幸いです。

 

インスタグラム広告掲載までの流れ

インスタグラム広告掲載までの流れ

現在進行形で進んでいるので、簡単に時系列をご紹介します。

 

  1. 「麻布十番 朝シャン倶楽部」のプレオープンを開始したのが、2020年2月1日。
  2. インスタグラム広告の作成・出稿したのが2020年2月25日の21時頃。
  3. インスタグラム広告の申請をして掲載の確認を出来たのが2020年2月26日16時ごろ。

という流れになっています。

 

インスタグラム広告のやり方

インスタグラム広告をどの様な手順で掲載したのかを解説していきます。

まずは実際の広告をみてください。

 

 

特に本なども読まずにインスタグラムに投稿して、それを広告掲載しました。

 

画像の加工はCANVAというアプリを使って加工しています。

CANVAでの写真の加工方法については別の記事で解説しよと思います。

 

インスタグラム広告掲載の手順

インスタグラムへの広告の掲載手順は至って簡単です。

 

インスタグラムに投稿した写真から【広告】というボタンを押すと広告作成の画面に移動します。

 

順番に流れに沿って進めていくだけで10分程度で広告を作ることが出来ます。

 

決める内容は以下の7つの事柄です。

  • 誘導先
  • 広告を出稿する地域
  • 性別
  • 年齢層
  • 興味・関心のある事
  • 1日あたりの広告費
  • 広告の掲載期間

 

 

Facebookをやっている場合はアカウントが紐付けされるので、簡単に広告を出稿することが出来ます。

 

支払いはクレジットカードで行うので、インスタグラム広告を検討している方はクレジットカードを準備しておいてください。

 

☞「旅人にオススメの7つのアメリカンエキスプレスカードの比較

 

インスタグラム広告のターゲティング

インスタグラム広告のターゲティング

 

実際に僕が出稿した広告のターゲティングをご紹介します。

先ほどもご紹介しましたが、インスタグラム広告のターゲティングの要素はこちらです。

 

  • 誘導先
  • 広告を出稿する地域
  • 性別
  • 年齢層
  • 興味・関心のある事
  • 1日あたりの広告費
  • 広告の掲載期間

 

誘導先

インスタグラム広告費用

インスタグラム広告がクリックされた時の誘導先を決めます。

 

選べる誘導先は以下の3つです。

  • 自分のプロフィール
  • ウェブサイト
  • ダイレクトメッセージ

 

僕の場合はウェブサイト、というかこのブログのお店の紹介ページ(麻布十番 朝シャン倶楽部)に誘導することにしました。

なぜなら、広告にも営業時間や定休日は表示してありますが、名古屋コーチンの卵を使っている事やゲランドの塩を使用しているという様な詳細はわからないです。

 

より詳しい情報が書いてあるブログへと誘導しました。

 

広告を出稿する地域

インスタグラム広告費用

インスタグラム広告を出稿する地域や範囲を指定します。

 

お店が麻布十番にあるので、港区で範囲を指定しました。

 

お店に来店できる範囲の人に宣伝したいので港区と絞りました。

通販などの場合はもっと広い範囲でも良いですが、飲食店に限ってはお店のある地域を中心に考えた方が良いと思ったからです。

 

性別と年齢層

インスタグラム広告費用

インスタグラム広告を表示する性別と年齢層を決めます。

 

朝食とシャンパンがメインなので、性別は女性のみにして年齢層は20〜50歳を指定しました。

 

こちらはセオリー通りです。

 

飲食店のターゲットは基本的に女性に絞ることが多いです。

そしてアルコールを提供するので、一番下で20歳〜となります。

 

朝食の内容がエッグベネディクトやアボカドトーストなので、メインターゲットは20代〜30代です。

 

興味・関心のある事

インスタグラム広告費用

インスタグラム広告では興味・関心を指定することが出来ます。

 

今回指定したのは以下の内容です。

  • ワイン
  • FOOD&WINE
  • WINE
  • シャンパン
  • 美食
  • グルメ・食通

 

主にワインやグルメに関する事に絞って指定しました。

 

こちらもいくつかキーワードを打ち込めば、サジェスト機能で表示されます。

予めたくさんのキーワードを準備してなくても大丈夫です。

 

 

1日あたりの広告費・掲載期間

 

インスタグラム広告費用

 

インスタグラム広告の1日あたりの広告費と掲載期間を決めます。

 

1日あたりの広告費と掲載期間を決めると、合計金額と推定リーチ数というのが表示されます。

 

今回の広告は3月1日のオープンに向けての広告なので1日あたり800円で4日間で3,200円でした。

 

推定リーチ数が4,300〜11,000とかなり幅があります。

これは一体どういう計算なのでしょうか?

 

以上が今回僕の出稿したインスタグラム広告のターゲティングです。

 

最後に最終確認をしてクレジットカードで支払いを済ませます。

最終的な推定リーチ数は47,000となっています。

インスタグラム広告費用 インスタグラム広告費用

 

支払いを済ませてから広告の審査が始まるのですぐには掲載されません。

右下を見ると【承認待ち】となっています。

 

インスタグラム広告費用

 

特に連絡もなかったので何時に掲載になったのかはわかりませんが、先ほどもご紹介した様に支払いを済ませた翌日の夕方には掲載されていました。

 

インスタグラム掲載初日の成果

インスタグラム掲載初日の成果

インスタグラム広告初日の成果をご紹介します。

インサイトというもので確認することが出来ます。

 

時間をみて貰えば分かりますが、これは27日の7:58分に計測した数です。

つまり、インスタグラム広告が掲載されてから約1日たった数値です。

インスタグラム広告費用

 

確認できる要素は以下です。

  • プロフィールへのアクセス
  • リーチした人数
  • インプレッション
  • フォロー

 

プロフィールへのアクセス

プロフィールへアクセスされた数です。

+20となっています。

 

つまり20人の方がプロフィールを見たということですね。

 

リーチした人数

投稿をみた人の数です。

 

884人です。

884人の人が広告を見たという事になります。

 

インプレッション

投稿が表示された数です。

 

1,150です。

1,150回投稿が表示された事になります。

 

フォロー

フォローされた数です。

1です。

フォロワーが1人増えた事になります。

 

 

果たして、この数字が良いのか悪いのかはまだよく分かりませんが、今のところお店へのお問い合わせなどはありません。

あと3日ほどあるので、その都度こちらでご紹介していきます。

 

この広告が終了したら、ターゲティングを変更して再度インスタグラム広告を出稿してみようと思います。

 

追記:1回目のインスタグラム広告の効果は1組2名様のお客様がいらっしゃいました。

3,000円の広告費で2名様です。

 

効果がないよりはマシですが、そこまでの費用対効果は高くないと言えます。

 

 

\ 美味しい朝食を食べよう!/

朝シャン倶楽部の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-ゴーストレストラン

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5