ゴーストレストラン 仕事 独立・開業

d払いを導入する5つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

d払いを導入する5つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

「QRコード決済導入したいけどd払いってどうなの?」

「メリットはある?デメリットはある?」

 

そんな飲食店様のお悩みを解決します。

 

徐々に増えてきたQRコード決済。

できる限りお客様の要望に応えるためにも、導入するべきです。

 

今はまだ多くなくても、近い将来はかなりの人が利用することになるんではないでしょうか?

その時のために、早いうちにQRコード決済を導入しておきましょう。

 

最後までお読み頂ければd払いを導入すると飲食店はどんなメリットがあるのかを確認できます。

 

d払いとは?

d払いとは?

d払いとはNTTdocomoが運営するQRコード決済サービスです。

 

d払いは読み取り型決済での導入になります。

QRコードを設置いただくだけで、簡単に様々なQRコード決済を利用する事ができます。

 

\ 無料で始められる!/

d払い公式HPはこちら

 

d払いの2つのデメリット

d払いの2つのデメリット

d払い2つのデメリットについてご紹介します。

2つのデメリット

  • 導入までに時間がかかる
  • 手数料がかかる

 

導入までに時間がかかる

d払いは導入までに時間がかかります。

 

d払いのQRコード決済を申し込んでから、審査まで1ヶ月ほどかかります。

 

審査が完了してから事務局からスターターキットが送られてきます。

到着後に店舗にQRコードを設置する事で決済利用ができるようになります。

 

導入までに時間がかかるというのは飲食店にとっては大きなデメリットです。

お申し込んでも、日々の業務の忙しさのせいで1ヶ月後では忘れてしまいがちです。

 

いざ届いても、億劫になってしまい結局やらず仕舞いになりかねません。

 

導入まで1ヶ月というのはデメリットです。

 

導入までの期間が短くて済むQRコード決済はPayPayです。

>>>PayPayを導入する4つのメリット・デメリット【飲食店向け】

 

手数料がかかる

d払いでは手数料がかかります

 

手数料がかかるのは普通の事なのでデメリットとは言えないのですが、他のQRコード決済サービスで手数料が無料のものがあるのでデメリットだと言えます。

 

手数料は3.24%となっています。

ただし、2020年6月まではキャッシュレス推進キャンペーン中なので、d払いの決済金額分の10%を貰えます。

 

つまり、実質無料で利用する事ができます。

無料どころかプラスになる場合もあります。

 

例えば、お客様がd払いで支払った金額が50,000円だったとします。

決済手数料は5万円の3.24%で1,620円です。

キャンペーン中だと決済金額の10%貰えるので、5,000円がもらえます。

 

本来なら手数料1,620円を支払いますが、キャンペーン中なら5,000円貰えるので、プラス3,380円になるという事です。

 

キャンペーン中であれば、手数料が無料どころかプラスになって返ってきます。

 

d払いの5つのメリット

d払いの5つのメリット

d払いの5つのメリットについてご紹介します。

5つのメリット

  • 無料で始められる
  • 入金サイクルが早い
  • dポイントが貯まる
  • 幅広い年齢層
  • 専用の機器は不要

 

無料で始められる

d払いは完全に無料で使い始める事ができます。

 

初期費用・月額費用が一切かからずに導入する事ができます。

 

飲食店にとって無料で始められるのは嬉しいですね。

使うか使わないかのサービスにお金をかけていられません。

 

まずは無料で始められるというのが飲食店にとっては大きなポイントです。

 

初期費用や導入費用は無料で始める事が出来ますが、デメリットの所でもお伝えしましたが手数料はかかります。

 

入金サイクルが早い

d払いは入金までのサイクルが早いです。

 

基本的な入金サイクルは以下になります。

15日までの売上→当月末に入金

月末までの売上→翌月15日にご入金

 

d払い入金サイクルは月に2回あります。

 

入金サイクルが早いというのは飲食店にとってとってもありがたいです。

キャッシュフローが安定する事で経営の安定します。

 

入金サイクルが早いというのは飲食店にとって大きなメリットです。

 

dポイントが貯まる

d払いを利用する事でdポイントをためる事ができます

 

d払いを利用すると支払い金額に応じてdポイントをためる事ができます。

 

貯まったdポイントはお支払いにも使えるので、お客様にもポイントで支払っていただく事で、客単価をあげる事ができます。

 

幅広い年齢層

幅広い年齢層にアピールできます。

ドコモのdポイントクラブの会員数は7,000万人以上で幅広い年代の方がいます。

 

携帯電話会社ならではの強みです。

ポイントでのお支払いができることによって新たな顧客の来店を促す事ができます。

 

専用の機器は不要

d払いを利用するのに専用の機器は必要ありません。

 

専用の読み取り機などは必要ないので手軽に始められるので、飲食店にとってはメリットです。

 

加盟店売上管理ツールにアクセスできる端末は必要です。

(パソコンやスマホは必要です)

 

d払いの導入手順6つ

d払いの導入手順6つ

d払いの導入する6つの手順をご紹介します。

 

6つと言っても簡単ですので安心してください。

 

以下の6つの手順で約1週間で導入できます。

  1. 申し込み開始
  2. メール受信
  3. 審査情報入力
  4. 審査
  5. 初期設定
  6. ご利用スタート

 

d払いの飲食店の基本的な使い方

d払いの飲食店の基本的な使い方

d払いの飲食店での使い方は大きく3つあります。

 

基本的な使い方は以下の3つになります。

ポイント

  • ユーザースキャン
  • ストアスキャン
  • dポイント払い

 

ユーザースキャン

ユーザースキャンというのは飲食店側がQRコードを準備して、お客様がそのQRコードを読み取り、金額を入力して支払う方法です。

 

個人経営の飲食店や移動販売、お弁当屋さんなどは「ユーザースキャン」を利用した方が初期投資0円で始める事ができるのでおすすめです。

 

ストアスキャン

ストアスキャンというのはお客様がアプリを開いてQRコードを提示してお店がそれを読み取って決済する方法です。

 

QRコードを読み取る端末やタブレットなどが必要になるので、初期投資がかかります。

 

チェーン店でPayPayを導入するなら「ストアスキャン」を利用した方がスムーズに決済できます。

 

dポイント払い

以上の基本的な使い方に加え、dポイントを利用した支払い方法があります。

dポイントは1ポイントを1円として利用する事ができます。

 

d払いの魅力

d払いの魅力

d払いの魅力は会員数の多さとその年齢層の幅広さです。

 

NTTdocomoが運営しているので、会員数と利用者の年齢層の幅が広いです。

 

お子様からご年配の方まで利用しています。

 

僕も学生時代から24歳くらいまではずっとdocomoユーザーでした。

 

家族で利用するような飲食店でだったり、若者向け年配者向けの飲食店であれば導入する価値がありますね。

 

d払いを導入するメリット・デメリットのまとめ

d払いを導入するメリット・デメリットのまとめ

 

飲食店がd払いを導入する4つのメリット・デメリットについて解説しました。

 

結論から言うとd払いを導入すると新規顧客獲得が見込めます。

 

d払いを導入する事で、dポイントクラブの約7,000万人の方が顧客になる可能性を持っています。

 

年齢層も幅広いので、どんな業態でもマッチングできます。

 

パティスリー、タピオカ、居酒屋、ラーメン、レストラン、バル、移動販売。

どんな業種でもマッチングする顧客がいます。

 

無料で導入できるので、申し込んでおいて損はないです。

 

\ 幅広い顧客を新規獲得!!/

d払い公式HPはこちら

 

と言いたい所ですが、申し込むのはまだ早いです。

まずは他のサービスと利用者数で比較して見てはいかがでしょうか?

>>>QRコード決済の比較7選|飲食店が導入するならどれを選ぶべきか?

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-ゴーストレストラン, 仕事, 独立・開業

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5