独立・開業

メルペイを導入する5つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

メルペイを導入する5つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

「QRコード決済導入したいけどメルペイってどうなの?」

「メリットはある?デメリットはある?」

 

そんな飲食店様のお悩みを解決します。

 

徐々に増えてきたQRコード決済。

できる限りお客様の要望に応えるためにも、導入するべきです。

 

今はまだ多くなくても、近い将来はかなりの人が利用することになるんではないでしょうか?

その時のために、早いうちにQRコード決済を導入しておきましょう。

 

最後までお読み頂ければメルペイを導入する起きる変化について知る事ができます。

 

メルペイとは?

メルペイとは?

メルペイとは株式会社メルペイが提供するどうがメルカリアプリを使った決済サービスです。

 

メルカリのフリマアプリを利用している個人おお客様は、売上金でポイントを購入してそのポイントでメルペイの加盟店でお支払いに利用することができます。

 

銀行口座と接続することで、フリマアプリでの売上金額がなくてもメルペイで支払う事ができます。

 

\ 無料で始められる!/

メルペイ公式HPはこちら

 

メルペイの2つのデメリット

メルペイの2つのデメリット

メルペイの2つのデメリットについてご紹介します。

2つのデメリット

  • 入金制限がある
  • 実店舗が無いと申し込みできない

 

入金制限がある

メルペイには入金制限があります。

入金制限は「オン」と「オフ」どちらかを選んでいただきます。

 

入金制限を「オン」にすると、10万円未満の場合に、翌月以降に10万円に達するまで口座の入金を繰り返す設定です。

 

入金制限を「オフ」売上金額に関わらず、設定した入金サイクルで入金されます。

タダイ、10万円未満の入金の場合は入金ごとに200円の手数料がかかります。

 

入金の締め日までに10万円に達しない飲食店では注意が必要です。

初期設定では入金制限は「オン」になっているので入金手数料が勝手に支払われるということはありません。

 

入金制限を気に時なくて良いQRコード決済はLINE Pay。

>>>LINE Payを導入するメリット・デメリット【飲食店向け】

 

実店舗が無いと申し込みできない

メルペイは実店舗が無いとお申し込みできません。

 

飲食店であれば実店舗が無いということは、無いので大きなデメリットではありません。

 

その他の業態でも実店舗が無い場合はお申し込みはできません。

 

 

メルペイの5つのメリット

メルペイの5つのメリット

メルペイの5つのメリットについてご紹介します。

5つのメリット

  • 無料で始められる
  • 決済手数料が安い
  • 入金サイクルを選べる
  • メルカリのアカウント必要なし
  • 解約事に違約金がかからない

 

無料で始められる

メルペイ完全に無料で使い始める事ができます。

 

メルペイの決済は初期費用0円月額利用料0円で利用できます。

スマートフォンさえあれば簡単に始められます。

 

飲食店にとって無料で始められるのは嬉しいですね。

 

まずは無料で始められるというのが飲食店にとっては大きなポイントです。

 

同じく完全無料で始められるPayPayと比較してくださいね!

>>>PayPayを導入する4つのメリット・デメリット【飲食店向け】

 

決済手数料が安い

メルペイ決済手数料が安いです。

 

メルペイの決済手数料は1.5%です。

他のQRコード決済サービスでは3.24%または3.74%なので比較すると半分以下です。

 

決済する度にかかる手数料ですので、安い方がお得です。

飲食店にとって単価の低いものなどでも同じように決済手数料が引かれるので安ければ安い程よいです。

 

2020年6月30日までは0%キャンペーン開催中ですので、決済手数料無料で利用できます。

 

入金サイクルを選べる

メルペイでは入金サイクルを2つ設定から選ぶ事ができます。

 

以下の2つの設定から選ぶ事ができます。

  • 月1回
  • 月2回

 

月1回

月1回入金を選択した場合、月末で締めて翌月10日入金されます。

 

月2回

月2回入金を選んだ場合、15日で締めて25日入金。

月末で締めて、翌月10日入金になります。

 

1度の入金金額が10万円を超えると、入金手数料も無料になります。

 

入金までのサイクが早くて、1度の入金金額が10万円を超えると入金手数料が無料になるというのは飲食店にとっては大きなメリットです。

 

入金サイクルの早さなら楽天ペイが最速です。

>>>楽天ペイを導入する5つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

 

メルカリのアカウント必要なし

メルペイ加盟店登録にはメルカリのアカウントは必要ありません

 

飲食店ではなるべく無駄な物は増やしたく無いです。

 

それが無料のアプリだろうと必要の無い物はダウンロードしたくありません。

 

メルカリのアカウントがなくても店舗登録できるのはメリットだと言えます。

 

解約事に違約金がかからない

メルペイは解約時に違約金がかかりません。

せっかく導入しても、利用する人がいなかったらあまり意味はありません。

 

そんな時に解約することになっても違約金がかからないので、リスク0で始められます。

 

無料で始められて、解約時も違約金は発生しないのでやらなければ損ですね。

 

メルペイの導入手順3つ

メルペイの導入手順3つ

メルペイの導入する3つの手順をご紹介します。

 

以下の3つの手順で導入できます。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 利用開始

 

メルペイの特徴は、申し込んで最短2営業日で審査が完了するところです。

 

申し込んです審査完了までの期間が短いというのは飲食店にとって大きなメリットです。

 

メルペイの飲食店の基本的な使い方

メルペイの飲食店の基本的な使い方

 

メルペイの基本的な使い方は以下の2つになります。

2つ使い方

  • ユーザースキャン
  • ストアスキャン

 

ユーザースキャン

ユーザースキャンというのは飲食店側がQRコードを準備して、お客様がそのQRコードを読み取り、金額を入力して支払う方法です。

 

個人経営の飲食店や移動販売、お弁当屋さんなどは「ユーザースキャン」を利用した方が初期投資0円で始める事ができるのでおすすめです。

 

ストアスキャン

ストアスキャンというのはお客様がアプリを開いてQRコードを提示してお店がそれを読み取って決済する方法です。

 

QRコードを読み取る端末やタブレットなどが必要になるので、初期投資がかかります。

 

チェーン店で楽天ペイを導入するなら「ストアスキャン」を利用した方がスムーズに決済できます。

 

メルペイの飲食店での使い方は3ステップです。

  1. お客様にQRコードを読み取ってもらう
  2. お客様が会計金額を画面に入力する
  3. お客様が「支払う」ボタンを押す

 

 

メルペイの魅力

メルペイの魅力

メルペイの魅力は売上アップに貢献するところです。

 

メルカリのフリマアプリは日本の国民の10人に1人が使っています。

月間のアクティブユーザーは1,500万人(メルカリ通期決算状況より)と言われていて、老若男女の幅広い世代の方が利用しています。

 

それだけの多くのお客様が顧客になる可能性があり、導入すると売上アップに貢献してくれます。

 

フリマアプリでの売上も支払いに使えるので、現金よりも支払いへのハードルが低くなる特徴もあります。

 

しかも、メルカリのフリマアプリ内での年間の売上は5,000億円です。

メルペイを導入することでその売上から支払ってもらえる可能性が増えます。

 

メルペイを導入するメリット・デメリットのまとめ

メルペイを導入するメリット・デメリットのまとめ

 

飲食店がメルペイを導入する5つのメリット・2つのデメリットについて解説しました。

結論から言うとメルペイを導入しておくと売上アップの可能性が。

 

メルペイは無料で始められ、解約時にも違約金などの支払いが無いのでリスクなしで導入できます。

飲食店にとってはとてもありがたいです。

 

それだけで導入する理由になります。

できる限り無駄な支出はしたくないからです。

 

決済手数料が安いというのも魅力的です。

キャンペーン中であればどの決済サービスも無料を謳っていますが、いずれキャンペーンは終了します。

 

そうなると決済手数料の低いメルペイは、一番使いやすくなるのでは無いでしょうか?

無料で導入できるのでまずはお問い合わせしてみては?

 

\ 違約金も無し/

メルペイ公式HPはこちら

 

と言いたい所ですが、申し込むのはまだ早いです。

まずは他のサービスと利用者数で比較して見てはいかがでしょうか?

>>>QRコード決済の比較7選|飲食店が導入するならどれを選ぶべきか?

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-独立・開業

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5