ゴーストレストラン

QRコード決済導入する為のおすすめのサービス【2020年版】飲食店向け

QRコード決済導入する為のおすすめのサービス【2020年版】飲食店向け

「QRコード決済ってどれを選べば良いの?」

「いっぱいありすぎてわからない」

 

そんなお悩みを解決します。

 

「〇〇ペイ使えますか?」

「〇〇ペイはどうですか?」

「すいません。当店では〇〇ペイだけなんです」

 

なんて会話したくないですよね?

 

飲食店で働いていると、お客様の要望にはできる限り答えたいです。

特に支払いに関してはポイントを貯めているという方も少なくないので、希望の決済方法でお支払いしていただきたいです。

 

現金、クレジットカードでのあお支払いは多くの店舗で対応できていますが、問題はQRコード決済です。

 

新しい決済方法にも関わらず種類が多くてどれを選択したら良いのかわかりません。

 

僕も古い人間なので、新しいサービスに対応できなくなってきています。

 

本記事では乱立するQRコード決済をとても簡単に便利に使いやすくするサービスについて解説しています。

 

これからQRコード決済を導入を検討している方や、既にQRコード決済を導入しているけど複数のQRコードで逆に不便を感じていると言う方はぜひ最後までお読みください。

 

とっても簡単にQRコード決済を無料で導入する事ができます。

 

QRコード決済とは?

QRコード決済とは?

QRコード決済とは決済アプリで表示したQRコードを読み取ってもらい支払いをする決済方法です。

 

スマホがあれば簡単に支払いが出来るので、店舗を持っていなくても決済する事が可能です。

 

飲食店の店舗を持っていなくても、フードトラックの様な移動式販売にも利用できる便利な決済サービスです。

 

2つのQRコード決済

QRコード決済には2種類あります。

 

以下の2種類です。

  • ユーザースキャン
  • ストアスキャン

 

ユーザースキャン

ユーザースキャンと言うのはお客様が店舗にあるQRコードを読み取って、金額を入力して支払う方法です。

 

ストアスキャン

ストアスキャンと言うのはお客様がQRコードやバーコードなどを提示して、店舗が読み取って支払いを行う方法です。

 

お店によって「ユーザースキャン」なのか「ストアスキャン」なのかは違うので、確認が必要です。

 

個人で飲食店を経営しているのであれば、「ユーザースキャン」の方がスムーズに支払いが可能です。

 

ユーザースキャン」用のQRコードをお店に準備しておきましょう。

 

>>> クレジットカードにも対応するマルチQRコード決済【TakeMe Pay】

 

QRコード決済で代表的な4つ

QRコード決済の種類

QRコード決済で代表的な4つをご紹介します。

 

代表的な4つであってこれで全てと言うわけではありません。

冒頭でも書きましたが、QRコード決済は乱立しています。

 

いくつあるのかも把握できなほどに沢山のQRコード決済が存在します。

 

その中でも有名な4つをご紹介します。

代表的な4つ

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • Alipay

 

PayPay

100億円キャンペーンで話題になったPayPayです。

ソフトバンクを親会社とするPayPay株式会社が運営するQRコード決済サービスです。

 

飲食店でのPayPayの支払い方法はバーコードをお店の人に見せて支払う方法と、お店のQRコードを読み取って支払う方法があります。

 

PayPaynの2つ魅力。

  • 公共料金の支払いが可能
  • キャンペーンが沢山ある

 

親会社がソフトバンクなので、「Yahoo! JAPANカード」を利用するとポイント還元がお得になります。

>>>PayPayを導入する4つのメリット・デメリット【飲食店向け】

 

PayPay公式HPはこちら

 

LINE Pay

LINE株式会社の運営するLINE Payが運営するQRコード決済サービスです。

 

LINE Payの支払い方法はコードを提示して、レジでスキャンしてもらう支払い方法と、お店のQRコードを読み取って支払う方法の2種類です。

 

LINE Payの2つの魅力

  • LINEの利用者が多い(約7,800万人)
  • 友達に送金出来る

 

>>>LINE Payを導入するメリット・デメリット【飲食店向け】

LINE Pay公式HPはこちら

 

楽天ペイ

楽天ペイは楽天を親会社とする楽天ペイメント株式会社が運営するQRコード決済サービスです。

 

楽天ペイの支払い方法は上記2つと同じ様にお店のスタッフにバーコードを読み取ってもらって支払う方法と、QRコードを読み取って支払う方法があります。

 

楽天ペイの2つの魅力

  • 楽天グループなので色々な支払いが可能
  • 楽天ペイアプリで送金も簡単

 

>>>楽天ペイを導入する5つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

楽天ペイ公式HPはこちら

 

Alipay

Alipayは中国のアリババという会社が運営するQRコード決済サービスです。

 

Alipayの支払い方法も上記のQRコード決済サービスと同じ様に、バーコードを読み取って支払う方法と、QRコードを読み取って支払う方法があります。

 

Alipayの場合はお客様のQRコードを読み取って支払うという方法もあります。

 

日本ではあまり馴染みがないかも知れませんが、中国では多くの人がAlipayを利用しています。

 

日本に旅行にくる中国の人もAlipayを使っている可能性が高いです。

つまり、利用者が圧倒的に多いです。

 

利用者が多くても、日本に来なければ意味がないと思うかも知れませんが経済の規模で言うと日本は中国に負けています。

 

中国人観光客が増えるのも時間の問題だと言う事です。

 

Alipayの2つの魅力

  • 利用者が多い
  • 会社が大きい

 

>>>Alipay(アリペイ)を導入する3つのメリット・2つのデメリット【飲食店向け】

Alipay公式HPはこちら

 

QRコード決済はどれを選択すれば良いのか?

QRコード決済はどれを選択すれば良いのか?

QRコード決済はどれを選択すれば良いのでしょうか?

 

代表的なものでも4つもあるのに、そのほかの細かいQRコード決済を含めたらどれを選択すれば良いのかわかりません。

 

結論から言います。

全部のQRコード決済に対応すべきです。

 

なぜなら、飲食店は老若男女色々なお客様が訪れるからです。

お客様全員が全てのQRコード決済を使っているわけではありません。

 

スマホのキャリアがソフトバンクならPayPayを利用しるでしょうし、楽天市場でよくショッピングをすると言う方は楽天ペイかも知れません。

 

若い世代の大学生や高校生はLINE Payの方が便利かも知れません。

中国人旅行客なら、おそらく日本のサービスは使ってないのでAlipayLINE Payでしょう。

 

以上の様に飲食店では世代も国も性別も関係なく色々なお客様が来店するので、全てのQRコード決済に対応すべきです。

 

先ほどあげたQRコード決済の全てに対応するには、4つも別々のQRコードを準備しなければいけないのか?

 

ちなみに、本記事でご紹介したのは代表的なQRコード決済ですので、さらに細かく分けると「d払い」や「au Pay」などもそうです。

 

QRコード決済に必要なのは1つだけ

QRコード決済に必要なのは1つだけ

QRコード決済に必要なのは実は1つだけです。

正確には1つのサービスの申し込むだけで全てのQRコード決済をまとめる事ができます。

 

そのサービスと言うのがこちらです。

 

Take Me Pay(テイクミーペイ)とはTake Me株式会社が運営するマルチ決済サービスです。

 

Take Me Pay(テイクミーペイ)を利用すると以下の様な5つのメリットがあります。

  • QRコードを1つにまとめる事ができる
  • オペレーションの簡素化
  • 専用の機材が不要
  • 初期費用無料
  • 解約が無料

 

Take Me Pay(テイクミーペイ)のサービスを利用すれば、QRコードは1つで済みます。

3つも4つも店内にQRコードを設置して、お客様が迷う必要もなくなります。

 

QRコードも1つなのでオペレーションも1つです。

それぞれのアプリを開く必要もありません。

 

入金もまとめて振り込まれるので、非常にわかりやすいです。

 

Take Me Pay(テイクミーペイ)については以下の記事で解説しています。

>>>Take Me Pay(テイクミーペイ)のメリット・デメリット|口コミや評判は?

 

QRコード決済導入する為のおすすめのサービスのまとめ

QRコード決済導入する為のおすすめのサービスのまとめ

QRコード決済を導入する為のおすすめのサービス【飲食店向け】について解説しました。

 

結論から言うと、QRコード決済の為のおすすめのサービスはこちらです。

 

Take Me Pay(テイクミーペイ)の契約をしておけば、様々なQRコードを1つにまとめる事ができます。

 

複数のQRコードを店内に準備しなくて済みます。

余計なスペースも使いません。

 

専用の機材なども必要なく、初期費用も無料で利用できます。

使いづらければ、すぐに解約もできます。

 

解約する時には違約金もかかりません

もしも、複数のQRコードを利用している、する予定だと言う飲食店経営者は試してみてください。

 

世界中の98種類の決済に対応しています。

 

全て無料で始められるのでリスクはありません。

まずはお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

Take Me Pay公式HPはこちら

 

その他のQRコード決済を比較したいという方はこちら

>>>QRコード決済の比較7選|飲食店が導入するならどれを選ぶべきか?

無料体験期間付きおすすめVODサービス5つ

無料体験のある動画視聴サービスはAmazonプライムだけではありません。   僕がおすすめするVODサービス5つをご紹介します。   無料トライアルがあるので、上手く利用して年末の暇な時間を乗り切りましょう!  
  Amazonプライムの特典のプライムビデオ。 その他の特典も使えてコスパ最強VODサービス。   映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作が31日間無料で見放題!   新作映画や地上波放送中ドラマを視聴できるU-NEXTのポイント600円分をプレゼント! ・【映画はこちら】 ・【アニメはこちら】   ニュース番組やアニメをはじめ、ドラマ、音楽、スポーツ、オリジナル番組など多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを提供しています。 会員数4000万人超のAmeba(アメーバ)を運営するサイバーエージェントとテレビ朝日が共同で、"インターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業です。   オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】 フジテレビの対象ドラマ見放題!! 人志松本のすべらない話を見るなら【フジテレビ公式FOD】 無料の見逃し配信ならTVer
 

利用のコツ

無料体験期間を有効利用しましょう!!
プライムビデオのレンタルサービス5つのメリット・3つのデメリット
プライムビデオのレンタルサービス5つのメリット・3つのデメリット

続きを見る

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-ゴーストレストラン

© 2020 ナカイのブログ Powered by AFFINGER5