転職・退職

紅葉シーズンのリゾートバイトで働く前に起きたトラブル

the-dark-hedges

10月31日の紅葉シーズン真っ只中に日光に向かう。

東京の渋谷ではハロウィンに備えて、アルコールの販売を規制しているなんて情報をツイッターで確認しながら東京を脱出する!

なぜなら、翌日の11月1日から日光でリゾートバイトを始めるためだ。

日光と言っても目指すのは奥日光と呼ばれる場所だ。

いろは坂を登った「中禅寺湖」と「華厳の滝」がある周辺の事を奥日光と呼ぶ。

中禅寺湖

そんな奥日光までどんな順序で向かうのかを先に解説しておこう!

  • JR恵比寿→JR宇都宮(JR湘南新宿ライン)
  • JR宇都宮→JR日光駅(JR日光線)
  • JR日光駅→中禅寺湖(バス)

以上が東京から奥日光までの道のりだ。

出発

出発

1027分発のJR恵比寿駅発車の湘南新宿ライン宇都宮行きに乗って、宇都宮駅に向かう。

恵比寿、渋谷、新宿はいつもと変わらない東京の風景だ。

赤羽を過ぎ、埼玉県の大宮あたりを越えると一気に田舎の風景に変わっていく。

途中の小山(おやま)駅で乗って来たお婆さんとその娘さんが電車内でタピオカを飲んでるのを見て、栃木でもタピオカって流行っているんだなと感じた。

平日の午前中の湘南新宿ライン宇都宮行きの車内はポツポツと空席があり居心地が良いです。車窓からは徐々に風景が豊かな自然になっていきます。

しかし、JR恵比寿駅から宇都宮駅まで1時間40分もあるので暇です。

そんな事もあろうかと、あらかじめAmazonでダウンロード購入してKindleに入れておいた「魔法のセールストーク」を読み始める。

created by Rinker
¥1,650 (2020/09/29 18:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

この本がめちゃくちゃに面白いです!!

営業のセールストークについて書かれている本なんですが、とても面白いし為になります。営業の経験がない僕でも、契約が取れる様になるのではないかと思える程に、具体的なフレーズで解説しています。

セールストークで大事なのは「一貫性」だと言う事です。この「一貫性」を武器に契約を取ると言うのがとても勉強になります。

1時間40分もあったので、「魔法のセールストーク」はほぼ読了。こういう面白い本は何度も読んだほうが覚えるので、僕は為になるなと感じた本は何回も読むようにしている。

12時頃にJR宇都宮駅に到着。

JR宇都宮駅を1220発のJR日光線に乗ってJR日光駅に向かう!!

JR日光線は4両しかない。僕の実家の春日部でも6両あったので、かなり電車を利用する人が少ないんだなと感じた。

車両のドアはスペインのメトロと同じくボタン式です。

平日の昼間だからか、車内はかなり空いています。大きなスーツケースを持っているアメリカ系の外国人と僕と地元のあばあちゃんと言った乗客たちです。

車窓から見える風景は田んぼや畑と言ったほのぼのする風景です。

約40分ほど電車に揺られると目的地のJR日光駅に到着したまでは良かったのだがここでトラブルが発生・・・・。

リゾートバイトが始まる前にまさかのトラブル

東武日光駅

無事にJR日光駅には到着した。

そしてPASMOを使い改札を出ようとすると、ICタッチは赤く光りゲートが閉じてしまう。そう残金が足りないのだ。

窓口に行き、PASMOにチャージしようとした時にトラブルが起きた!!何と

財布を家に忘れてきてしまったのだ。

ナカイ
これからリゾートバイトで2ヶ月間日光で過ごすのに

と思いつつも、それよりも今改札が出られない事の方が問題だ。

持っていた黒のスーツケースを開けて、中を確認してみるが、無い。

背負っていた吉田カバンの黒いリュックの中身も全部出してみるが財布は入っていない。完全に家に忘れて来たらしい。

ついでに言うと、小銭入れすら家に忘れたようだ。財布を忘れたので、当然銀行のキャッシュカードも無い。

幸いクレジットカードと免許証は持っていたので駅員さんに尋ねてみる。

ナカイ
足りない分はクレジットで払えませんか?
男性
クレジットではチャージ出来ないんだよね
ナカイ
なに〜〜!!なぜ??クレジットでチャージ出来んって意味わからん!?

と心の中で思いつつも、事情を説明して何とか改札を出して貰うことが出来ました。

パスもにこのような紙を貼られて取り敢えず、日光に到着することは出来たのだ!

しかし、まだ最終目的地ではない。ここからバスに乗って奥日光を目指さなければならないのだ。

ここで、一旦リゾートバイト.comの担当の方に電話して財布を忘れた事を伝える。もしかしたら、バス代が足りなくて派遣先まで辿りつけないかもしれない。

という事を伝えると、バスの代金を調べてくれて何とかPASMOの残額で行けそうだということが判明。バス停で中禅寺湖行きのバスを待つことに。

10分ほど待つと東武バスが到着。バスに乗り込み座席を確保。駅前からの乗車で座席はほぼ埋まってしまった。残っているのは立ちのみ。やはり紅葉シーズンの日光は人が多い。

のぼ外国人観光客も多い。バスに乗っている半分以上が外国からの観光客だった。後ろの席はフランス人(フランス語で会話していた)。中東系、中国系、韓国系、アメリカ系など世界中から観光客が来ていると言う印象を受けた。

バスは日光市内を15分ほど走り、いろは坂を登って行きます。2019年10月31日の午後14時ごろのいろは坂をご覧ください。

14時半ごろに無事に派遣先に到着。

簡単に自己紹介と明日からのシフトなどを聞いて寮に案内される。そこで財布忘れた事を伝えて派遣先の人に2000円を借りて何とかリゾートバイトを始めることが出来たのだ。

 

リゾートバイトの初の休みは東京まで財布を取りに戻る

中禅寺湖の紅葉

700に起床して寮を出る。

今日の目的は東京に戻り、財布を取ってくる事だ。

僕はリゾートバイトに来るのに、財布を忘れてしまったのだ

リゾートバイト初の休みは東京に戻り財布を取ってくるというミッションになった。

寮を出た僕はバス停に向かう。始発の725のバスに乗るためだ。

バスに乗り込み日光駅に向かう。最寄りの駅はこの東武バスに乗り40ほどかかる。

料金も1150かかるほどの、かなり田舎に住んでいる。

無事にバスに乗り込み、いろは坂を降っていく。時期は11月の上旬。かろうじて紅葉が残っている。

そんな風景をみながJR日光駅に到着。

財布を忘れて現金は持っていないので、券売機で山手線までの乗車券をクレジットカードで購入。

810JR日光駅から日光線の宇都宮行きに乗る。車内はスカスカだ。

田舎だからこんなもんかと思っていたら

今市で沢山の人が乗ってくる。結構人がいるのね。高校生やサラリーマンの人達で車内は埋まっていく。

9時前にJR宇都宮駅に到着。

電車内に付いている開閉ボタンを押し下車。

日光線ドア開閉ボタン

9:07宇都宮発の上野東京ライン熱海行きに乗る。渋谷駅で降りて東急東横線に乗り換え。

渋谷駅から東急東横線の1127発横浜中華街行きに乗って、自由が丘です下車して家に到着。郵便物を確認して無事に財布を発見。

財布は茶色リュックの底にあった。

そして軽く昼食を取って、寮の周辺にはATMも無いので現金5万円を下ろしてまた日光を目指します。

来た道を戻ります。自由が丘から東横線に乗り渋谷までいき、渋谷からは宇都宮線の宇都宮行きに乗る。17時ごろにJR宇都宮駅に到着

宇都宮と言えば、餃子だ。夕食にもちょうど良い時間だったので宇都宮で下車して餃子を食べてから帰ることにした。

宇都宮みんみん

宇都宮の餃子といえばみんみんだと言う情報を調べ、「みんみん」を探す。JR宇都宮駅の東口を出たところにあるようだ。

1728にJR宇都宮駅東口の餃子の「みんみん」に到着。

生ビール450水餃子と焼餃子とライスのせっと560を注文。

餃子みんみんメニュー

まずは生ビールが到着。

ゴクゴクゴクゴクと23口と喉を潤す。続いて到着したのが焼餃子とライスと漬物。

みんみん生ビール

みんみんの餃子セット

焼餃子には綺麗な「」がついていて、焼き色綺麗についていてとても美味しそう!

水餃子の到着を前に食べ始める事にした。

あらかじめ準備されていた小皿に醤油と酢とラー油を少したらし、6個の連なった焼餃子の1を剥がす。

みんみん餃子

焼餃子の端に醤油をつけ、口に頬張ります。口に中で、皮のパリパリと肉汁があふれ出しすかさずライスも口にかき込む。

美味い‼️

生ビールも流し込む。

焼餃子を12つと食べていると、水餃子も到着。

プルプルに茹でられた水餃子が青い丼に入れられている。見るからに柔らかそうだ。

到着するや否や、水餃子を箸で持ち上げてみると思っていた通りプルプルだ。

みんみん水餃子

水餃子も醤油を少しつけ、口に運ぶ。プルプルモチモチの食感が焼餃子とは違ってまた美味しい。

箸が止まらない。

ライスと一緒に食べるならやはり焼餃子の方が相性が良い。

まずは焼き餃子とライスで食べる。途中でお漬物でアクセントを入れながら。

焼餃子とライスを完食した後に、水餃子をつまみにビールを飲む。餃子とビールのマリアージュ

空腹を満たしたので、お会計を済ませて駅に向かう。

時刻は6:32分。

JR日光駅までの切符を買い、改札を入る。次の電車は18:59発の日光行きだ。

と言うことは19:40分ぐらいにJR日光駅に着く事になる。バスは何時にバスに乗れるのかを調べてみる。

ここでまたしてもトラブル発生・・・。

JR日光駅を出て中禅寺湖に向かう最終のバスが18:35分なのだ。

さた、困った。今日中に寮に帰れないことは確定した。翌日の仕事は12時からなので、午前中には寮に戻る必要がある。

取り敢えず今日の寝床を探す。まずは宇都宮にある漫画喫茶を検索。全部で4店舗ほどあるようだ。しかし、どこも駅から遠い。

漫画喫茶って駅から近いか価値があるのではないかと思いながらも、テクテクと歩きながら漫画喫茶を目指す。まずは駅から一番近い「シープボックス」と言う漫画喫茶を目指す。

15分ほど歩いて到着。料金表や建物の外観などをみてちょっと保留。12時間パックで1900円。ただし20時からとなっている。

もう少し歩けば「自由空間」と言う漫画喫茶もあるので、そちらも見てから決めようと思いさらに10分ほど歩く。

自由空間」に到着。やはりこちらの方が安心だし、歩き疲れたのでこの「自由空間」で一晩を過ごす事にした。

受付でアプリをダウンロードすると入会金は無料になる。リゾートバイトの期間中にあと何回かお世話になるかもしれないとすかさずダウンロード。

「自由空間」は料金が自動パックせいなので、勝手にパック料金になるので安心です。

パソコンを持っていたので、ブログを更新しようと思ってたが、久しぶりの漫画喫茶にについつい誘惑に負けてしまい。週刊少年ジャンプ、ヤングマガジン、スピリッツをまず読む。

その後、VRのレンタルもやっているのでVRのマシーンをレンタルしてみる。しかし、使い方がよくわからないので諦めて返却。せっかくの漫画喫茶なので、漫画もなんか読もうかと思ってうろうろしてみる。

気になった漫画は「バジリスク 桜花忍法帖」だ。

この「バジリスク 桜花忍法帖」は前作の「バジリスク 甲賀忍法帖」を原案とした作になっているので、そちらを読んでから読んで貰いたい漫画だ。

バジリスク 桜花忍法帖」の簡単なあらすじをご紹介しておきます。

前作の甲賀と伊賀の忍び達が徳川の世継ぎ争いの為に起こした忍法合戦の終わりから10年の月日が流れたところ。

平穏を取り戻した忍達に新たな脅威が襲い掛かります。

忍の里の若き棟梁の甲賀八郎(こうが はちろう)と伊賀響(いが ひびき)のもつ「桜花」と言う秘密の力を手に入れる為に、魔術を操る正体不明の5人組「成尋衆」(じょうじんしゅう)が現れ、2人に襲いかかります。

そこから忍と成尋衆の恐るべき殺し合いの戦いが始まるます。

そんな「バジリスク 桜花忍法帖」を1巻〜7巻まで読み終え、その日は眠った。

翌朝、6時に起きて宇都宮駅から日光に向かい、無事に寮に到着。仕事にも間に合いました。

リゾートバイト.COMの始め方の3つの手順を写真15枚を使って解説|職種や疑問も解決します!
リゾートバイト.COMの始め方の3つの手順を写真15枚を使って解説

続きを見る

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-転職・退職
-

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5