旅行

アメリカンエキスプレスカードのオススメ7つを比較

アメックスゴールド

「旅人にオススメのアメリカエキスプレスカードって結局どれ?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

本記事では以下の2つの事について書いてます。

  • 旅人にオススメの7つのアメリカンエキスプレスカード
  • 実際に使っているアメリカンエキスプレスカードは?

 

こちらを最後まで読んでいただければ、どのアメリカンエキスプレスカードから始めれば良いかわかります。

 

旅人にオススメの7つのアメリカンエキスプレスカードの比較

旅人にオススメの7つのアメリカンエキスプレスカードの比較

ここでは以下の7つの「アメリカンエキスプレスカード」について解説していきます。

 

こちらを読んでいただければ、それぞれの年会費旅行保険などが一目瞭然で簡単に比較できます。

 

  • アメリカンエキスプレスカード
  • アメリカンエキスプレスカード・ゴールド
  • アメリカンエキスプレスカード・プラチナ
  • スターウッドプリファードゲスト・アメリカンエキスプレスカード(SPG)
  • ANAアメリカンエキスプレスカード
  • ANAアメリカンエキスプレスカード・ゴールド
  • アメリカンエキスプレスカード・スカイトラベラーカード

 

2019年10月25日現在の情報です。

 

アメリカンエキスプレスカード

もっともベーシックな緑色のカードです。

 

年会費は12,000円で、他社のクレジットカードと比較すると高めです。

 

その分他社のゴールドカードと同等かそれ以上のサービスが付帯しています。

 

国内の28空港のラウンジを本人+同伴者1名まで無料で使えます。

成田・羽田・関西・中部の4つの空港で往復1つづつの「空港手荷物無料宅配サービス」があります。

 

還元率年会費(税抜き)国内旅行海外旅行
0.33~1.5%12,000円最高5,000万円最高5,000万円

 

アメリカンエキスプレスカード・ゴールド

日本で最初に発行された「ゴールドカード」です。

 

他社のゴールドカードと比べるとサービスやステータスは段違いです。

 

これを持っているだけでも、かなりのステータスです。

 

高級レストランを2人以上で利用すると1人分無料になったり、「手荷物無料宅配サービス

や「プライオリティパス」など普通のプラチナカードレベルの特典があります。

 

還元率年会費(税抜き)国内旅行海外旅行
0.33~1.5%29,000円最高5,000万円最高1億円

 

アメリカンエキスプレスカード・プラチナ

上記のアメリカンエキスプレスカードの利用者で「インビテーション」を受けた人だけが入会できるクレジットカードでした。

 

しかし、2019年4月から「インビテーション」無しでも申し込めるようになりました。

 

年会費は13万円とかなりの高額ですが、国内50箇所以上のホテルに年に1回無料で宿泊できる「フリー・ステイ・ギフト」がついています。

 

さらに、世界1,000箇所以上の高級ホテルで使える「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」を利用すれば、部屋のアップグレードレイトチェックアウトなどの特典があります。

 

還元率年会費(税抜き)国内旅行海外旅行
0.33~1.5%13万円最高1億円最高1億円

 

スターウッドプリファードゲスト・アメリカンエキスプレスカード(SPG)

世界にホテルグループ「スターウッドホテル&リゾート」との連携カードです。

 

年会費を更新すると「スターウッド&ホテルリゾート」や「リッツカールトン」を含めた「マリオット・インターナショナル」の系列のホテルの無料宿泊券が毎年もらえます。

 

日本では「シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル」や「ウェスティンホテル東京」などのディズニーリゾートオフィシャルホテルにも宿泊することが出来ます。

還元率年会費(税別)国内旅行海外旅行
1.875%31,000円最高5,000万円最高1億円

 

SPGアメックスについての詳細はこちら。

>>>SPGアメックスの5つの特典|ANAアメックスと比較してどっちが得なのか?

 

ANAアメックスとの比較もしています。

カードを変更した方が徳なのかを解説しています。

 

ANAアメリカンエキスプレスカード

ANAマイルを無期限で貯められるので、ANAマイルを有効期限内に使えないという悩みを解決できます。

 

特典航空券と交換すれば1マイルあたりの価値が高くなります。

空港ラウンジの利用や手荷物無料宅配サービスなどもついています。

 

アメリカンエキスプレスカードのグリーンカードより年会費が安いのでおすすめです!

 

還元率年会費国内旅行海外旅行
1.5~2.25%7,000円+6,000円最高2,000万円3,000万円

 

デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスカード・ゴールド

デルタ空港エールフランスなどが加盟する「スカイチーム」のゴールド会員資格がもらえるというゴールドカードです。

 

スカイチーム」の空港ラウンジが使用出来たり、搭乗時のボーナスマイルが2倍になったり、優先チェックイン、座席のグレードアップなどの特典がつきます。

還元率年会費(税抜き)国内旅行海外旅行
1.5~4.5%26,000円最高5,000万円最高1億円

 

アメリカンエキスプレスカード・スカイトラベラーカード

最強のマイル系クレジットカードの呼び声が高いカードです。

 

通常は100円で1ポイント(=1マイルと交換)が貯まり、対象航空会社28社・旅行会社2社で航空券やツアー料金を支払うと3倍のポイントが貯まります。

 

航空会社のクレジットカードよりもマイルが貯まりやすいのが「アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード」の最大の特徴です。

 

貯まったポイントは提携15社のマイルを自由に選んで無期限で交換することが可能です。

 

主な航空会社はデルタ航空、シンガポール航空、ANA、エールフランス、エミレーツ航空などです。

 

還元率年会費(税抜き)国内旅行海外旅行
1.5~4.5%1万円最高2,000万円最高3,000万円

 

実際に使っているアメリカンエキスプレスカードは?

実際に使っているアメリカンエキスプレスカードは?

以上が旅人におすすめなアメリカンエクスプレスカードの一覧です。

 

では、ナカイは一体どのカードを使っているのか?

ここではナカイの使っているクレジットカードについてご紹介します。

 

ナカイの使っているカードは以下の2枚です。

  • ANAアメリカンエキスプレスカード
  • アメリカンエキスプレスカード・ビジネスゴールドカード

順番に理由を解説していきます。

 

個人用にANAアメリカンエキスプレスカード

個人用では「ANAアメリカンエキスプレスカード」を使っています。

 

なぜ「ANAアメリカンエキスプレスカード」なのかといえば、単純に年会費が安いからです。

僕が初めて、アメリカンエクスプレスカードを作ったのは26歳の頃でグリーンカードを持っていました。

 

しかし、料理人の僕にとって年会費12,000円というのはあまりメリットがありませんでした。

 

飲食業なので長期の休みも取れないですし、給料も安く特典を受ける事はあまりありませんでした。

 

それから数年して、解約を考えた頃に見つけたのがANAアメリカンエキスプレスカードでした。

 

年会費もグリーンカードより安く、ANAのマイルで特典航空券にも交換できるという事で変更しました。

 

特典航空券を使うと羽田〜沖縄の那覇までの往復で18,000マイルです。

 

2019年の9月にアメリカンエキスプレスカードの営業の方から電話があり、「SPG(スターウッドプリファードゲスト)アメックス」をオススメされました。

 

数日後に申し込みの用紙が送られてきて、まだ悩み中というのが今現在です。

 

会社用にアメリカンエキスプレスカード・ビジネスゴールドカード

そしてもう1枚が「アメリカンエキスプレスカード・ビジネスゴールドカード」です。

 

なぜ、「アメリカンエキスプレスカード・ビジネスゴールドカード」を持っているのか?というと、こちらも「インビテーション」が送られてきたからです。

 

インビテーション」の内容が初年度の年会費が無料というものだったからです。

初年度を無料で使えるということは29,000円得した事になります。

とりあえずこの1年間だけでも使ってみて様子を見ようと思って現在も利用してます。

 

この1年間で取得したポイントもマイルに交換して航空券に変えることが出来ます。

これなら損はしないですね。ポイントの分だけ得した事になります。

 

継続するかは使い勝手と特典を考慮して考えていきます。

 

アメリカンエキスプレスカードのオススメ7つを比較のまとめ

アメリカンエキスプレスカードのオススメ7つを比較のまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

旅人にオススメの「アメリカンエキスプレスカード」の比較してみました。

アメリカンエクスプレスカード旅行に強いクレジットカードです。

 

海外旅行などにあまり行かない人にはオススメ出来ないクレジットカードですが、旅人として生活するには最適なクレジットカードです。

 

何よりも、このブログの目的は以下です。

iPhoneとアメックスのブラックカードを持って世界中を旅する人を作る

 

なのでアメリカンエクスプレスカードを作らない事には始まりません。

 

最後にもう一度どんなカードがあったのかおさらいしてみましょう!

  • アメリカンエキスプレスカード
  • アメリカンエキスプレスカード・ゴールド
  • アメリカンエキスプレスカード・プラチナ
  • スターウッドプリファードゲスト・アメリカンエキスプレスカード(SPG)
  • ANAアメリカンエキスプレスカード
  • ANAアメリカンエキスプレスカード・ゴールド
  • アメリカンエキスプレスカード・スカイトラベラーカード

 

もしも、まだアメックスを持ってないという方は1枚作っておきましょうね!

どうせ「ブラックカード」を目指すなら、アメックスのブラックカードが一番かっこいいですよ!

 

追伸>>>最近では入会特典があまり付かないないですが、友人の紹介となるとポイントがたまりやすいです。

周りにアメックスカードの人がいないよという時は僕からの紹介という事もできますので、コメントなどいただければと思います。

 

出発準備の記事一覧

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-旅行

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5