イビザ島 スペイン 旅行

イビザ島でドラッグを回避する【誰にでも出来るテクニック】

イビザ島ドラッグ

「イビザ島ってドラッグの島でしょ?」

「無理やり買わされたりしたら怖い」

 

そんな不安を取り除きます。

 

ここでは2019年nに9月にイビザ島に旅行した経験からドラッグはどのように販売されているのか?

 

どこに気を鬱ければ安全に旅行できるのかについて解説しています。

 

本記事の内容

  • ドラッグはどこで販売されている?
  • 僕らが声をかけられた場所
  • ドラッグを買わない為に気をつける事

 

イビザ島に旅行に行く方は、身を守る為にも最後までお読みください。

 

ドラッグはどこで販売されている?

ドラッグはどこで販売されている?

まず気になるのがドラッグがどこで売っているのか

 

という事です。

 

答えはこちらです。

 

道端で売っています。

 

道端で売っています」というと誤解を産むかもしれません。

 

道端にペイズリー柄の赤い風呂敷を広げて、ドラッグを並べて

 

「安いよ〜安いよ〜」

 

と売っているわけではありません。

 

正確にいうと道端に立っている【売人】?のような人が声をかけてきます。

 

「マリファナ〜、コカイン、◯☆❊%$&△#&$#◯・・・。」

 

僕は英語が聞き取れないので、初めの2つの単語しか聞き取れませんでした。

 

一緒にいた友達が言うには。

どうもドラッグを売っているらしいです。

 

つまり、道を歩いていると普通に声をかけてきて、ドラッグを販売しているのです。

 

イビザ島にはドラッグ意外にも治安に気をつける事が有ります。

☞「イビザ島の治安で注意する3つの事

 

僕らが声をかけられた場所

僕らが声をかけられた場所

上記の情報だけでは少し怖いですね。

 

「道を歩いているだけで、ドラッグを販売されるなんて怖すぎる」

「イビザ島、マジやばい」

 

と思ってしまうかもしれません。

 

僕らがイビザ島に滞在したのは期間は2泊3日です。

 

その間に声をかけられたのは2回です。

 

ここでは、そんな2回の場所と時間をご紹介しておきます。

 

場所と時間を知っておけば、そこに行かなないように気をつける事が出来ます。

 

声を掛けられる確率も減ります。

 

その2つの場所はこちら。

 

  • イビザタウンの中心街
  • サン・アントニオのプロムナード

 

掘り下げてご紹介します。

 

イビザタウンの中心街

初めに声を掛けれたのが、深夜のイビザタウンのの中心街でした。

 

イビザ島についた初日の夜にホテルに荷物を置き、クラブ散策に出掛けた時に声を掛けられました。

 

おおよその場所は以下のGoogle マップをご覧ください。

 

ストリートビューにして貰えばわかりますが、飲食店などが立ち並びメインストリートのような場所です。

 

 

宿泊するホテルから、街中をクラブ散策している時に黒人のヒッピー風の格好した人に

 

「マリファナ、コカイン、◯☆❊%$&△#&$#◯・・・。」

 

と声をかけられました。

 

とは言っても、本当に声を掛けられただけです。

 

ヒッピー風の黒人は道端にただ立っていて、知人と話しているだけです。

 

その前を僕らが通ると、声を掛けられます。

 

近寄って来ることもないですし、無理やりに買わせようとする事もありません。

 

無視して通り過ぎれば、追っかけて来る事もありません。

 

無視しておけば、特になんの心配もありません。

時間は深夜の0時過ぎくらいです。

 

 

サン・アントニオのプロムナード

2度目に声を掛けられたのが、サン・アントニオの海沿いのプロムナード(遊歩道のような所)です。

 

イビザ島2日目の宿泊先から【世界一のサンセット】を見る為に、夕方に「カフェ・デル・マール」に向かっている最中でした。

 

こちらも道端で声を掛けられました。

詳しい場所はこちらです。

 


浅黒い長髪の40代くらいの細身の男性で、身なりは綺麗な感じでチワワの散歩をしていました。

 

その男性を僕と友人が追い抜かすように歩いて行くと後ろから声を掛けられます。

 

「マリファナ、コカイン、◯☆❊△%□$&△#&■$#●・・・。」

 

こちらでも同じように、近づいて来る事もなく、道を遮られる事もありませんでした。

 

無視して歩いて行けば、追いかけてもこないです。

 

時間としては夕方の18時ごろです。

 

夕方と言っても9月上旬のイビザ島の18時ごろはまだかなり明るいです。

 

 

以上の2箇所がイビザ島でドラッグを買わないかと声を掛けられた場所です。

 

クラブではどうなのか?

クラブの中ではどうなのか?

 

と言うのも気になる方もいるでしょう。

 

僕の経験から言うと。

 

クラブ内は特に何もなし。

 

ネットなどを見ているとクラブ内が危ないとか、書かれる事もあります。

 

しかし、実際にイビザ島のクラブに3時間ほど滞在しましたが、全くの皆無でした。

 

声を掛けられることすらなかったです。

 

友人と一緒に行って、途中で別々に行動して1人の時間もありましたが、それでも声を掛けられることはありませんでした。

 

クラブはそれなりに料金を払わないと入場できないので、それが良いフィルターになっているのでは?と思います。

 

と言うわけでクラブの中はそこまで、危険ではないです。

 

ドラッグを買わない為に気をつける事

ドラッグを買わない為に気をつける事

いかがでしたでしょうか?

イビザ島でドラッグを回避する【誰にでも出来るテクニック】について解説しました。

 

イビザ島でドラッグの危険があるかと言われれば、有ります。

 

売っている人がいて、その人とコンタクトが取れてしまう以上危険性は否めないです。

 

ただし、このテクニックさえ覚えておけば大丈夫です。

 

声を掛けられても無視

 

これで回避できます。

 

無料で出来ます。

誰にでも出来ます。

効果抜群です。

 

いざと言う時の為にこちらを持っていくと安心です。

SIM2年間使い放題。夢の通訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」

 

\ パーティーアイランド/

イビザ島の一覧

 

 

 

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-イビザ島, スペイン, 旅行

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5