プライムビデオ

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の感想とレビュー

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の感想やレビュー

こんにちはナカイです。

今回はファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の映画の感想について書いています。

 

知っている方も多いかもしれませんがこの作品は

マクドナルドの創業から成功までの実話

 

を元に作られた映画です。

 

マクドナルドがどの様に誕生し、世界的企業になったのか?

一体どうやって儲けているのか?

 

これまでの飲食店とは何が違ったのか?

 

飲食業界に携わる方や、将来は企業したいと考えている方は是非一度視聴して頂きたい作品です。

 

何かの事業を成功せるヒントが見つかるかもしれません。

 

<strong>ファウンダー</strong>を視聴する

 

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜のキャスト

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜のキャスト

 

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の主演はマイケル・キートン。

僕はこの作品に出演しているキャストはほとんど知りませんが、内容はとても面白く勉強になります。

 

役名俳優名
レイ・クロックマイケル・キートン
マック・マクドナルドジョン・キャロル・リンチ
ディック・マクドナルドニック・オファーマン
ローラ・ダーンレセル・クロック
ジョアン・スミスリンダ・カーデリー二
ハリー・ソナボーンB・Jノヴァク
ロリー・スミスパトリック・ウィルソン

 

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜のストーリー

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜のストーリー

 

1954年

ミズーリ州のセントルイス。

 

52歳のレイ・クロックはマルチミキサーの販売員をしていた。

車でアメリカの中西部のお店を営業しているが、思う様に販売出来ずに疲労が溜まって来ている。

 

ホテルに泊まり、レコードを流すとこんなセリフが流れてくる。

 

「世の中に執念に勝るものはない。

才能があっても成功できない者はゴロゴロいる。

 

天才も報われないのが世の常だ。

学歴も賢さを伴うとは限らない。

執念と覚悟があれば無敵だ

!」

 

それを聞きながらレイは眠りにつく。

 

そんなある日、秘書を通じてとある飲食店から8台の注文が入る。

 

中々販売できないマルチミキサーを1つの店舗で8台も購入する店がどんな店なのか気になったレイはすぐに地図を広げ、お店へと車を走らせる。

 

見つけたのは長蛇の列ができている「マクドナルドハンバーガー」というお店だった。

 

レイは行列に並び購入して食べて見る事に。

 

あまりにも革新的すぎて、どうやって食べれば良いのか?

椅子や机もなくどこで食べれば良いのかもわからない。

 

他のお客さんを見ると、若い女性や子供もかぶり付く様に食べている。

それを真似してかぶり付きハンバーガーを食べていると、掃除のおじさんに声をかけられる。

お味は?

最高のハンバーガーだ。

 

良かった。マックマクドナルドです。」

 

掃除をしていたのは、オーナーのマック・マクドナルドだった。

 

ミキサーの販売員だと伝えると、店内を案内してもらう事に。

そこにもマックの弟である共同オーナーのディック・マクドナルドが厨房を仕切っていた。

 

レイはこのハンバーガーショップに興味をもち、2人を夕食に誘い、これまでの経緯を聞く事に。

 

オーナー兄弟も色々な仕事を経験していた。

映画館、ホットドッグ、BBQ店などを経営したがどれも失敗に終わった。

 

それらの失敗した要因を改め、さらに革新的なサービスにする事によってハンバーガーショップは成功したのだった。

 

開店前にテニスコートにチョークで厨房の設計図を書き、動線の効率化を何度も繰り返した。

 

使う道具もより早く提供する為に特注品を準備して、いよいよオープンびを迎えた。

 

しかし、初めは上手くいかなかった。

ウェイトレスがいない事、皿やカトラリーがない事、セルフで注文しなければならない事。

 

新しすぎるサービスにクレームの嵐だった。

止めようと考えたが、兄のマックの提案で「開店記念イベント」を開催してたくさんの人が集まった。

 

沢山の照明も使っていたので、ブユ(昆虫)も集まって来て、せっかく来たお客さんも帰ってしまう事に。

 

これには流石に心が折れて、翌日に元のハンバーガーショップに戻す相談をしているとお店の外には徐々に人が集まり出して来た。

 

口コミの効果で一夜にして有名になったのだった。

 

その物語を聞いてレイはフランチャイズの提案をマクドナルド兄弟にする。

 

マクドナルド兄弟はすでにフランチャイズは経営は行っているし、これ以上広げると品質の管理ができなくなると、レイの提案を却下する。

 

レイはマルチミキサーの営業の仕事に戻るが、マクドナルド兄弟の作ったハンバーガーショップが忘れられず、再度フランチャイズの契約をお願いする。

 

熱意が伝わり、マクドナルド兄弟はフランチャイズ契約を許可する事に。

 

レイは早速フランチャイズのお店の建設に取り掛かるが、銀行での融資が進まなかったり、マクドナルド兄弟の許可を得るのに苦労する。

 

なんとかオープンに漕ぎつけ、レイは更に店舗の拡大を目指す。

昔の友人に出資を募ったり、投資家と商談したり。

 

店舗で働く人材も同時に募集して、順調の店舗は増えて行った。

 

しかし、レイは儲からなかった。

フランチャイズの契約書に縛られ売上の割合が少ない為、店舗数は増えているがローンが返済できない状態だった。

 

たまらず、銀行に行くが、返済を滞納しているレイに融資をしてくれるはずもない。

 

そこで出会ったのが、ハリーだった。

 

ハリーは言った。

あなたのハンバーガーショップに何度も行った

けれどいつも待たされる

これでぼろ儲け出来ないならやり方が間違っている。

 

ハリーはレイに設ける方法を伝える。

あとはレイがそれを実行するかどうかの問題だ。

 

レイはすぐに実行に移してどんどんと店舗を増やしていき、新たに会社を作り経営は急成長を遂げる。

 

レイはマクドナルドハンバーガーを乗っ取りを計画するが、それに憤慨した兄のマックが電話中に倒れてします。

入院している病院にレイが尋ねてくる。

 

白紙の小切手を渡し、完全なる買収を完了させようとする。

 

後日全ての用件を満たしたわけではないが、両者は合意する事に。

契約をすませ、トイレに行くとレイとディックが鉢合わせに。

 

ディックはレイに成功の秘訣を聞いた。

レイは答えた。

 

レイがマクドナルドが成功すると確信した要因とはなんだったのか?

そしてそれは、アメリカだけでなく世界中で指示された。

 

そんな秘密を知りたい方はぜひ本編をご覧ください。

 

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の感想

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の感想

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜を視聴した僕の感想について書きます。

 

僕は15年以上飲食業界にもいましたし、とても興味深い映画となりました。

ですので、感想が少し偏っているかもしれません。

 

楽しむ為の3つのポイント

  • 天才と天才の出会い
  • 諦めない執念
  • 成功の秘密

 

天才と天才の出会い

スピード・サービス・システムを作ったディック・マクドナルドも天才的ですし、そのシステムを利用して店舗拡大したレイ・クロックも天才だと言わざるを得ないでしょう。

 

いつの時代でもそうですが、これまでにない商品やサービスが世に出た時には酷評されます。

これまでの常識では理解出来ないからです。

 

マクドナルドもそうでした。

椅子やテーブルもなく、食べるための皿やナイフ・フォークもない。

 

ウェイトレスもいなく、自分で注文もしなければならない。

 

今となっては当たり前ですが、それを作ったのがマクドナルドだと考えたらとてつもなく素晴らしいサービスだと思いませんか?

 

どちらか一方では、これほどまでに大きな会社にはならなかっただろうし、存続すら出来ていなかったかもしれません。

 

また、儲けの仕組みを教えたハリーも天才だと言えます。

 

実質的には会社を成長させたのはハリーだと言えるでしょう。

 

諦めない執念

 

本作品では成功の秘訣は【執念】だという事をアピールする映画にもなっています。

 

本編でもありますが、マクドナルド兄弟もハンバーガーショップを作るまでに、いくつもの事業を手掛けて失敗しています。

 

それでも改善を繰り返し、執念で成功した事。

 

レイ・クロックも色々な商品を販売して来て上手く行った商品もあれば、そうでない物もあり、執念でようやく見つけたというニュアンスも含んだ内容です。

 

マクドナルドを見つけた時のレイ・クロックの年齢は52歳です。

そこから全く新しい事を始めるというエンネルギーは尊敬できます。

 

映画の冒頭でマルチミキサーを販売する時の、営業方法とマクドナルドをフランチャイズに勧める時の営業の方法が違うと言うのも、熱の入り方が違うと言う対比を良く描いていると思います。

 

 

成功の秘密

 

成功者の秘訣の1つに、すぐに行動すると言うのがあるといいます。

 

レイ・クロックもとにかくすぐに行動した様に感じます。

 

注文が入ったら、すぐにお店まで行き、オーナー兄弟を誘い食事に誘いこれまでの経緯を聞く。

更に、すぐにフランチャイズをしようと提案し、契約までこぎつける。

 

契約が取れればすぐにお店を開店させ、働く人材を募集する。

売上の事など後回しにして、どんどんと行動して店舗をオープンしていきます。

 

作品中では成功の秘訣は「執念」が大事だと言う事になっていますが、後半で明かされるレイ・クロックが思う成功の鍵も個人的には気に入ってます。

 

もちろんそれだけでは成功はできないでしょうが、なんとなく納得できてしまうのは飲食店の成功の為の大事な要素なのではないでしょうか?

 

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜みんなのレビュー

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜みんなのレビュー

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜を見た他の方のレビューも気になりますね。

ここではいくつかご紹介します。

 

 

 

比較的ネガティブな意見が多いですね。

 

映画の内容がどうというよりも、レイ・クロックのやり方が気に入らないし、酷いという意見が多い様に感じます。

 

 

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の感想やレビューのまとめ

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の感想やレビューのまとめ

ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜の僕の感想や他の方のレビューなどをご紹介しました。

 

個人的にはとても面白く勉強になる映画でした。

マクドナルドが一体どうやって儲けているのか?

 

ハンバーガーとポテトとコーラで利益が取れるのか?

飲食業界で働く人は一度は疑問に思った事があるのではないでしょうか?

 

若い人は知らないかもしれませんが、アラフォー世代の方ならハンバーガーが80円、チーズバーガーが100円なんて時期があった事も覚えていると思います。

 

レイ・クロックのやり方が必ずしも正しいとは言えないかもしれませんが、マクドナルドがあるおかげで助かる人は沢山います。

 

お客さんはもちろん、沢山の雇用を生み出している事も事実です。

 

ましてや、資本主義の国で暮らしているのならレイ・クロックの様にお金を稼ぐ事も大事な経済活動と言えるのではないでしょうか?

 

Amazonプライムのお試し体験なら「ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜」も無料で視聴できます。

<strong>ファウンダー</strong>を視聴する

 

すでにプライム会員のあなたは無料体験を利用出来ないかも知れません。

でも、安心してください。無料体験のある動画視聴サービスはAmazonプライムだけではありません。

 

下記のVODサービスの無料期間を利用して映画を視聴する事も可能です。

無料期間はいつ終了するかわからないので、お早めに!!

 

 

また、レイクロックの有名のな著書もあります。

こちらも一緒に読むと、より一層考えが深まります。

 

Amazonプライムデ視聴した作品の感想は下記にまとめています。

その他の作品はコチラ

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-プライムビデオ

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5