掃除

革靴の臭いを根源から消臭するたった1つの方法

革靴の臭いを根源から消臭するたった1つの方法

「革靴の嫌な臭いってどうすれば消せるの?」

「何を使えば消臭できるの?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

飲食店のサービスで働いていると、どうしても長時間労働・長時間拘束になりがちです。

サービス業という接客業である以上、身だしなみや臭いケアというのは必須になってきます。

 

口臭や体臭、清潔感などどれも気にしなければなりません。

 

そんな中で、足の臭いや革靴の臭いというのは、脱いでみないとわからないのでおろそかになりがちです。

 

長時間労働で革靴を脱ぐ暇もないので、もっとも臭いが出やすい場所になるのではないでしょうか?

 

そんな悩みを持っている飲食業界の方は多いと思います。

本記事では革靴の臭いを根源から消臭するたった1つの方法をご紹介したいともいます。

 

革靴の臭いの原因とは?

革靴の臭いの原因とは?

革靴の臭くなる原因は何でしょうか?

多くの方は、汗や水虫が原因で革靴が臭くなっているのでは?

 

と思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、革靴の臭いの原因というのは汗や水虫だけではありません。

 

革靴が臭くなるというのは、基本的に足が臭くなり、その臭いが革靴に移り革靴が臭くなります。

ですので、革靴の臭いの原因は足の臭いということになります。

 

足の臭いの原因とは?

水虫

足の臭いを消臭できれば、革靴の臭いもなくなるということになります。

 

足の臭いをなくすために、どのように足が臭くなっているのかを知る必要があります。

まず、足の裏というのは非常に汗のかきやすい場所となっています。

 

「エクリン腺」という汗腺がたくさんあるので、とても汗をかきやすい部分なのです。

 

その汗の量は1日で約250mlくらいと言われています。

 

革靴というのは通気性が悪く、その水分を逃がすことができません。

革靴の中は湿った状態となってしまいます。

 

足にはもともと多くの雑菌が住み着いています。

その雑菌は湿ったところを好み、足の古い角質や皮脂などを食べて活動します。

 

その時に出るイソ吉草酸アルデヒドという物質が臭いの原因になっています。

 

長時間革靴を履いていると足の体温も上がり、雑菌にとってはとても活動しやす環境となっています。

 

革靴と同じように通気性の悪いブーツなども足が蒸れやすく、臭くなりやすいので臭いケアが必須となってきます。

 

革靴の臭いを消臭する5つの方法

革靴の臭いを消臭する5つの方法

革靴の臭いを消臭する5つの方法をご紹介します。

飲食店は仕事中に革靴を脱ぐことはできずに、革靴が臭くなってしまいます。

 

足が臭くなって、革靴も臭くなってしまった時の対処方法を5つご紹介します。

飲食店にあるもので対処出来ますので、お試しください。

5つの方法

  • 10円玉
  • 新聞紙
  • 重曹
  • コーヒー豆のカス
  • 消臭スプレー

 

10円玉で革靴の臭いを消臭する方法

10円玉を入れておくと消臭効果があるという話を聞いたことがあるという人も多いと思います。

 

これは10円玉に含まれる銅の殺菌成分で雑菌を死滅させて、革靴の臭いを取るということができます。

 

革靴を履いているときに10円玉を入れておくのは、違和感があるので、靴箱に入れておくときに10円玉を入れておくようにしましょう。

 

量としては2〜3枚ではあまり効果がないので20枚程度入れるようにしましょう。

 

とは言え、釣り銭で使う10円玉は使わないでくださいね。

必ず自分の10円玉もしくは、釣り銭で使わない10円玉を利用してください。

 

新聞紙で革靴の臭いを消臭する方法

革靴に限らず、靴が雨に濡れた時に新聞紙を入れて水分を乾かすという方法はやっている方も多いのではないでしょうか?

 

これも新聞紙が湿気を吸収して、インクの臭いで消臭効果があります。

 

情報収集の為に新聞を契約しているお店は、新聞が余っていると思うので試してみてください。

 

重曹で革靴の臭いを消臭する方法

キッチンのお掃除アイテムとしても注目されている重曹でも臭いを取ることができます。

 

使用する時は、通気性のある袋や靴下などに入れて、革靴に入れておくだけです。

 

重曹には湿気を取る効果と、消臭効果があります。

 

重曹は2~3ヶ月が交換の目安です。

そのほかのキッチンの掃除にも使えるので、1袋もっていると便利ですね。

 

コーヒー豆のカスで革靴の臭いを消臭する方法

コーヒーを飲む方も多いと思いますが、ドリップコーヒーの残りカスを乾燥させると消臭材代わりになるのをしっていましたか?

 

コーヒーの残りカスには不快なアンモニア臭を取り除く効果があるので、もし、ドリップコーヒーを飲んでいる方は試してみてはいかがでしょうか?

 

洋食のお店であればコーヒーを取り扱っているので、コストをかけずに消臭する事が出来ます。

 

消臭スプレーで革靴の臭いを消臭する方法

消臭スプレーで革靴の臭いを取るには、銀イオンや緑茶成分が含まれているものが人気です。

 

スプレーした瞬間から臭いが消えたという口コミが広がり、人気なのがドクターショールの消臭・抗菌スプレーです。

 

消臭力は強いですが、コストは高めです。

 

以上のように革靴の臭いを消臭する方法は他にもたくさんあります。

しかしながら、ご紹介したものはあくまでその場しのぎの方法です。

 

臭いものに他の臭いを加えて消臭するという方法なので、根本的な臭いの解決にはならないでしょう。

 

革靴の臭いを根源から消臭する方法

靴の消臭

革靴の臭いを根源からなくす方法をご紹介します。

 

その方法というのがこちら。

注意ポイント

革靴を洗う

 

革靴なのに洗う?

と思われた方もいるかもしれませんが、素材によっては革靴も洗うことができます。

合皮の場合はほぼ問題なく洗うことができます。

 

革靴を洗う7つの手順

簡単に革靴の洗い方の7つの手順をご紹介します。

  1. 靴紐をはずす
  2. 革靴の汚れを落とす
  3. ホコリも取る
  4. 全体をお湯で濡らす
  5. 革靴専用の洗剤で洗う
  6. 拭き取る
  7. 乾燥させる

 

革靴を洗う時はまず、靴紐を外します。

靴紐も汚れているようであれば、洗濯します。

 

次に革靴についた汚れを、布などを使って落とします。

一緒にブラシを使って革靴の隙間にあるホコリやゴミも取り除きます。

 

40度くらいのお湯を貼ったバケツなどに革靴を丸ごとつけます。

ただし、あまり長い時間つけると皮が傷み安くなるので、全体が湿る程度ですぐに引き上げます。

 

専用の洗剤を使い洗います。

革靴の外側だけでなく臭いの元の内側も丁寧い洗います。

 

洗い終わったら、柔らかい布やキッチンペーパーなどで泡を拭き取ります。

最後に綺麗な布を使って拭きあげます。

 

そしてシューツリーを入れて乾燥させて完了です。

 

さらに消臭効果を高めるためには?

先ほどご紹介したように、革靴を専用の洗剤で洗うことで革靴の臭いを根源から取ることができます。

 

しかし、さらに消臭効果を高める方法があるのをあなたは知っていますか?

 

ある機械が必要になりますが、消臭効果はより期待できます。

その方法というのは、革靴を洗う時に使う水をオゾン水に変えることです。

 

オゾン水とは?

オゾン水というのは、気体のオゾンを水に溶かしたもののことです。

オゾンは不安定な物質なので、他の物質と結びついて安定した物質である酸素に戻ろうとする性質があります。

 

この酸素に戻るために別の物質と結びつく時に殺菌や消臭の効果があり、多くの企業で使われています。

オゾン水を使って革靴を洗うことで、臭いの根源を取り除くことができます。

 

革靴の臭いを根源から消臭するたった1つの方法のまとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

革靴の臭いを根源から消臭するたった一つの方法でした。

 

新聞紙や重曹、消臭スプレーなどでも革靴の臭いを取り除くことはできますが、根本的な解決にはなっていません。

 

革靴の消臭方法で臭いを根源から断つにはオゾン水を使っての水洗いがおすすめですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

オゾン水を作るオゾン発生器のおすすめは以下の記事をご覧ください。

>>>オゾン発生器おすすめ5選|家庭用から業務用まで

 

その他の掃除に役立つ記事は下記から確認できます。

掃除の記事一覧

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-掃除

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5