料理

stasherスタッシャーの口コミ|元料理人の僕が思うメリット・デメリット

こんにちは

 

ナカイです。

 

今回はstasherスタッシャーの口コミや元料理人の僕が思うメリットやデメリットについてご紹介します。

 

お洒落で購入したいけど、価格がネックだなと感じているかもしれません。

 

 

そんなあなたの為に、本記事を書きました。

 

最後までお読みいただけましたら、実際にはジップロックなどよりコストパフォーマンスが良いということもご理解いただけると思います。

 

stasherスタッシャーの購入を値段が高くてお悩みの方は必見の内容になります。

 

口コミについては僕だけの意見でなく、実際に購入して利用した方の声も記載していますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

stasherスタッシャーの基本性能

stasherスタッシャーについてあんまり詳しくないよ。

 

というあなたの為にここではstasherスタッシャーの基本の性能についてご紹介します。

 

ここで紹介するものはシリーズやサイズ、カラーなどが違っていても同じですので安心してください。

 

stasherスタッシャーとは

stasherスタッシャーとはアメリカのカリフォルニア州で誕生した世界初の密閉型シリコーンバッグです。

 

創設者のキャット・ノーリ氏が毎日大量に出る使い捨てプラスチックゴミへの疑問から誕生した商品です。

 

stasherスタッシャーは食品用品質で認められている、100%ピュアプラチナシリコーンで出来ていてプラスチックは一切使用されていないので環境に配慮したシリコーンバッグです。

 

stasherスタッシャーはBPA・BPS・ラテックス・鉛などの有害無物質が含まれていないので、プラスチックのように危険な化学物質が溶け出す心配もありません。

 

ですので、小さなお子さんの食事などの調理をするのも安全で安心。

 

繰り返しつかえる100%シリコーンの保存容器 stasher

 (上記のリンクから公式HPに移動できます)

 

stasherスタッシャー3つのメリットと3つのデメリット

stasherスタッシャーにはどんなメリットがあってどんなデメリットがあるの?

 

と疑問を持たれている方も多いと思います。

 

そんなあなたの為に、ここでは僕が実際に利用してみたstasherスタッシャーメリットとデメリットついてお伝えします。

 

stasherスタッシャー3つのデメリット

まずはデメリットからお伝えします。

 

デメリットと言っても実のところそこまでのデメリットではありません。

 

改善策や対処方法があるので気にならないという方もいるかも知れませんがご紹介します。

 

  • リサイクルに手間と費用がかかる
  • 食費品のにおいや色が移りやすい
  • 値段が高い

 

リサイクルに手間と費用がかかる

公式HPによるとstasherスタッシャーリサイクルする方法は販売元に送るという方法しかないです。

 

その際の送料も負担しなければなりませんので、手間もお金もかかります。

 

もしも破損してしまったら、食品以外の収納として利用してみてはいかがでしょうか?

 

旅行の時のポーチやスマホの充電器入れなど、収納グッズとしての利用価値があるのでそこまで気にしなくて良いかもしれません。

 

環境に良いという事を謳っているので、言いづらいですが燃えるゴミでも良いのではと個人的には思ってしまいます。

 

食費品のにおいや色が移りやすい

シリコーンという素材の特性上、ガラス容器や琺瑯容器に比べるとにおいや色移りがしやすいのがデメリットです。

 

キムチや麺つゆなどの濃い味付けの料理を保存した後でもしっかり洗えば、その後に保存する料理ににおいや色が移る事はありませんでした。

 

クリアのstasherスタッシャーだと色移りが気になってしまうという方は色付きのstasherスタッシャーを購入してくださいね。

 

値段が高い

stasherスタッシャーの最も気なるデメリットが値段が高い事です。

 

最も汎用性が高そうな スタンドアップ ミディアムというサイズで2,530円(税込)です。

 

本体サイズ:縦18×横21.6×マチ9cm

容量:1.6L

 

このように容量と価格だけを見てしまうと「保存容器1個に2530円って高すぎない??」

 

はい。

 

その気持ちはよくわかります

 

僕も初めはそう思いました。

 

100均でタッパーが買えるこの時代に保存容器に2,530円。

 

しかし、stasherスタッシャーは約3,000回繰り返して利用できます。

 

スタンドアップ ミディアムというサイズで2,530円(税込)を3,000回使ったとすれば1回のコストは1円です。

 

ジップロックより断然安いのではないでしょうか?

 

created by Rinker
ジップロック
¥654 (2022/11/29 01:57:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

サイズの近いジップロックを比較してみましょう!

 

45枚入りで699円です。

 

1枚あたり約15円です。

 

2回使い回したとしても半分の約7円です。

 

つまり、stasherスタッシャー破損せずに約3,000回使えば圧倒的に安いのです。

 

環境にも体にも優しく、価格も安い。

 

良いことしかありません。

 

お子さんの健康や未来の事を考えてあげるのなら目先の安さのジップロックよりもstasherスタッシャーを購入する事をおすすめします。

 

stasherスタッシャー5つのメリット

続いてはstasherスタッシャーのメリットです。

 

全部で5つあります。

 

・耐熱温度の範囲が広い

・食洗機の洗浄OK

・約3,000回使える耐久性

・納品が早い

・カラーバリエーションが豊富

 

耐熱温度の範囲が広い

stasherスタッシャーの最も利便性の高い理由が耐熱温度の範囲の広さです。

 

stasherスタッシャーシリコンバッグ耐熱温度は-18℃〜250℃です。

 

 

冷蔵保存はもちろんの事、冷凍での保存さらには湯煎・オーブンでの調理も可能という事です。

 

更に電子レンジでの使用もOK

 

家庭での調理で使う温度帯であれば、問題なく使えます。

 

ただし、直火だけは使えないのでご注意ください。

 

食洗機の洗浄OK

 

耐熱の温度の範囲が広いので食洗機での洗浄もOKです。

 

洗う手間も省けるなんて、仕事に家事に忙しいあなたには強い味方になってくれます。

 

約3,000回使える耐久性

stasherスタッシャーの公式発表によると約3,000回繰り返して使うことが出来ます

 

あなたは今まではジップロックなどは数回使い回したりして、なくなったら100均一などで買い足していたのではないでしょうか?

 

ジップロックが悪いというわけではないですが、それでは衛生的にも環境的にも良くないと思いませんか?

 

無くなったら買いに行くという往復の時間も勿体無いです。

 

ちょっと新い商品が出ていたら、悩む時間ももったいないと思います。

 

安全なものを繰り返し使い、体にも環境にも優しい生活を続けたほうがお子さんの成長にも良い影響を与えるのではないでしょうか?

 

納品が早い

僕は9月の平日に公式のHPで購入したのですが、注文日の翌日の佐川急便で届きました。

 

家が東京だからというのもあるかもしれませんが、翌日に届くのはありがたいですね。

 

楽天などは翌日に配送してくれるなんてことはないので、急いでいる方こそ公式HPからの購入をおすすめします。

 

カラーバリエーションが豊富

stasherスタッシャーはカラーバリエーションが豊富でお洒落です。

 

stasherスタッシャーのシリコンバッグがお洒落ですので、そのままお弁当がわりに持って行ってもドヤ顔できます。

 

職場でレンジで温めたりするのにそのままでOK。

 

100均のタッパーでは人の目を気にしてしまいますよね?

 

カラーバリエーションがたくさんあるので、肉なら赤色、魚なら青色、野菜なら緑など食材ごとにカラーで使い分ければ衛生的にも安全です。

 

繰り返しつかえる100%シリコーンの保存容器 stasher

 (上記のリンクから公式HPに移動できます)

 

公式HPはコチラ

 

stasherスタッシャー口コミ

ミッドナイトスワンの口コミ

僕の意見だけでは信憑性に欠けると思いますので、他の方の実際に使った方の口コミをみてみましょう!

 

 

 

 

 

お読み頂いた通り、ポジティブな口コミが大多数を占めていますね。

 

 

stasherスタッシャー口コミのまとめ

まとめ

 

stasherスタッシャー口コミと僕が思うメリット・デメリットをご紹介しました。

 

購入を迷われているあなたの参考になりましたでしょうか?

 

ご家族の健康や環境への配慮、経済的にもおすすめの食品保存バッグです。

 

もしも、気になって購入したくなったらスタッシャー公式のHPからの購入ををおすすめします。

 

理由については別の記事で解説しているので合わせてお読みいただけたら幸いです。

 

stasherスタッシャーはどこで買える?偽物を掴まされないようにする方法

続きを見る

スポンサーリンク

-料理