ebay

ebayの新しい評価基準BBEの構成要素を理解して、売上アップに繋げる

ebayの新しい評価基準BBEの構成要素を理解していますか?

 

まだ導入されたばかりなので知らないという方も多いと思います。

 

しかし、ebayで販売を続ける以上は避けては通れない道ですので、早いうちに理解しておくことでライバルセラーよりも有利に販売を進めることができます。

 

とは言え、どのように理解したら良いかわからないあなたの為に本記事では、ebayで月商500万円を超えたナカイがこれまでの経験を元にBBEの構成要素の内容や対策などをご紹介しています。

 

ebayで安定的に稼ぎ続けたいと思っている初心者セラーの方はぜひ最後までお読みください。

 

アカウントがサスペンドされてからでは遅いですし、ebayが公式に発表していることですので「知らなかった」ではすみません。

 

知らずに続けて、月間の売上が全てなくなる前に本記事を読むことをお勧めします。

 

アカウントを守ることの役に立つと思います。

 

BBEとは?

2022年の冬季アップデートにてBBEという指標がSEOの検索に大きく影響するということが、ebayから公式に発表されました。

 

ebayの公式発表ですので、ebayで商品販売をする上で絶対に守らなければならない項目になります。

 

この指標を無視して販売を続けてしまうと商品が売れなくなり売上も下がりますし、最悪の場合、数日間の出品停止やアカウントのサスペンドになる可能性が非常に高まります。

 

ですので、BBEが一体どんなものなのかしっかりと理解しておきましょう!!

 

BBEとはBad Buyer Experience(バッド バイヤー エクスペリエンス)の頭文字をとったもので、直訳するとバイヤーの悪い購入体験となります。

 

商品を購入したバイヤーが気持ちよく取引ができなかったときに、セラーにこのBBEが評価がついてしまいセラーアカウントの評価が下がります。

 

それによって、そのセラーのebay内の商品のSEO順位が下がり商品が売れなくなるという仕組みです。

 

BBEの評価によりSEOの順位が下がるというのもebayの公式の発表ですので、間違いなくSEOの順位に影響はすると思います。

 

ebayではベストマッチの検索で商品が上位表示されることによって、他のセラーよりもインプレッションが増え、PVも増えより販売のチャンスが多くなるという仕組みです。

 

SEOの順位が下がるということは、ベストマッチ検索で上位に表示されていた商品の順位が下がりバイヤーの目に触れなくなるということです。

 

ですので、売上に大きく影響することになります。

 

ebayで安定して稼ぎ続けたいのであれば、BBEの内容を理解してSEOで商品を上位に表示させることが必然になりました。

 

BBEの主な構成要素

ebayで稼ぐためにはBBEという指標を大事にしなければならないことは、お分かり頂けたと思います。

 

「じゃあ、具体的にどうすればいいの?」

 

と思っているあなたの為にここではBBEの主な構成要素についてご紹介します。

 

こちらも僕の見解ではなくebayからの公式の発表によるものなので、信憑性が高いというか正しい情報です。

 

BBEの構成要素は以下の4つです。

  • 商品未着(INT:Item not received)
  • 商品が説明と異なる(SNAD:Significantly not as described)
  • 在庫切れによるキャンセル
  • ニュートラル・ネガティブフィードバック

 

ebayを始めたばかりのあなたにとってはピンとこないかもしれませんが、大事なことですのでしっかりと覚えておきましょう!

 

商品未着(INT:Item not received)

商品の未着

 

つまり商品がバイヤーの元に届かないという事はバイヤーにとって悪い購入体験だと言うのは、理解できると思います。

 

日本に住んでいると郵便物が届かないと言う経験はほとんどないので、商品が届かないなんて事あるの?と疑問に思うかもしれませんが、海を超え国境を超える商品の移動となると商品が届かないと言うことは、よくあります。

 

よくあると言っても、僕の経験上200個商品を発送して1個商品が届かないくらいの割合ですので、1%未満と言うところでしょうか?

 

商品が届かない理由もいくつかあって、配送会社の紛失、玄関前の置き配の盗難、バイヤーの虚偽の発言。

 

など日本では馴染みのないものばかりですが、商品が届かないと言う事態は確実に起きます。

 

販売者側に落ち度がなくても、商品が届いていない以上BBEの対象となってしまう様ですので、世知辛いですね。

 

対策としては追跡番号を必ずつけるくらいしかないと思います。

 

商品が説明と異なる(SNAD:Significantly not as described)

商品が説明と異なる場合もバイヤーにとって悪い購入体験ですね。

 

新品ではあまりないかもしれませんが、こちらは主に中古商品の販売に多くなると思います。

 

漫画などもebayでは売れたりするのですが、日本語版と書いておかないと英語だと思って購入したバイヤーから説明が異なると言われることもあります。

 

商品自体に傷があるのか?などもしっかりと説明文に書いておかないと、説明と違うと言う指摘を受けBBEの対象となってしまうかもしれません。

 

中古の商品に関してはしっかりと、状態を細かく明記するようにしましょう。

 

動かないものは動かないと書いた方が良いですし、傷の具合などもできる限り詳しく記載しておく事をお勧めします。

 

在庫切れによるキャンセル

在庫切れのキャンセルもBBEの指標の一つです。

 

日本の店舗や日本のフリマなどで併売している場合など、タイミングや出品の取り下げ忘れで在庫切れと言うことが起こりえます。

 

しかし、在庫切れのキャンセルによりBBEの評価が悪くなるので絶対避けるべき要素です。

 

ツールなどで機械的に管理したり、パートさんや外注さんを雇ってでも在庫管理はしっかりと行うようにしましょう!

 

それでも絶対に防げると言うことはないと思いますので、もしも在庫がなくなってしまった場合のキャンセルはバイヤーと相談して適切なキャンセル理由を選択してキャンセルを行なってください。

 

虚偽の取引キャンセルはポリシー違反になり、出品の制限やリミットの引き下げなどのペナルティがあるそうです。

 

販売アカウントに何かしらの悪影響をおよぼしますので、キャンセルの取引についてはゆっくりと丁寧に行う必要がありますね。

 

ニュートラル・ネガティブフィードバック

ebayではバイヤーからセラーに対して評価を以下の3段階でつけることができます。

 

  • Positive(良い)
  • Neutral(普通)
  • Negative(悪い)

 

このうちのNeutral(普通)、Negative(悪い)の評価がつくとBBEの指標に影響がある様です。

これはかなり厳しい条件だと言えますね。

 

普通に取引をして、期限内に商品が届けば多くのバイヤーはPositiveの評価をくれますが、稀にNeutralやNegativeの評価を付けてくるバイヤーもいますので注意が必要です。

 

セラー側に非がない場合もあるので、(ただの推し間違いなど)そんなときに相談できる様にebayジャパンのセラーサポートには申し込んでおきましょう。

 

絶対ではないですが、たまに悪い評価を消してもらえることがあります

 

BBEの対策

BBEの対策ですが、正直なところ今のところまだありません。

 

まだ始まったばかりの制度ですので、どんな状況の方がBBEによってアカウントに悪影響があったのか?などわからなことが多いからです。

 

また上記で紹介した4つのBBEの構成要素もまだ不確定なものがあります。

 

  • 商品未着(INT:Item not received)
  • 商品が説明と異なる(SNAD:Significantly not as described)
  • 在庫切れによるキャンセル
  • ニュートラル・ネガティブフィードバック

 

それは数量です。

 

例えばわかりやすいのはニュートラル・ネガティブフィードバックの指標だと思います。

1ヶ月で何個ネガティブフィードバックが着いたら、影響があるのか?

Positiveに対しての割合なのか?

もしくは3ヶ月や6ヶ月でのスパンなのか?

 

など、まだ不確定の要素も多いので対策の立て方もないと言うのが正直なところです。

 

2022年3月時点での、最も効果的な対策は嘘偽りなく商品を販売する。

 

それしかないと思います。

 

ebayの新しい評価基準BBEの構成要素を理解して、売上アップに繋げるのまとめ

まとめ

ebayの新しい評価基準BBEの構成要素を理解して、売上アップに繋げる方法についてご紹介しました。

 

現状では裏技的な対策はありません

 

誠実に商品を販売することが最も安全な対策です。

 

それでも起こりうる、トラブルの時の為にBBEの構成要素4つはしっかりと頭に入れておきましょう。

 

とても大事なことなので最後にも復習しておきましょう!

  • 商品未着(INT:Item not received)
  • 商品が説明と異なる(SNAD:Significantly not as described)
  • 在庫切れによるキャンセル
  • ニュートラル・ネガティブフィードバック

 

BBEの指標を守って販売を続けるだけでも他のセラーが脱落していくと思いますので、裏技的な対策を考えるよりも普通に商品の販売をしていくことが最大にして最高の対策だと言えるのではないでしょうか?

 

本記事の内容は下記の動画を参考にしています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

スポンサーリンク

-ebay