レシピ 料理

パスタの茹で時間を2分でペペロンチーノを作る【家庭で誰にでも出来る】

パスタの茹で時間を2分でペペロンチーノを作る【家庭で誰にでも出来る】

「ペペロンチーノを作る時間を短縮する方法ってあるの?」

「どうすれば茹で時間短くできるの?」

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事は飲食業界で15年以上勤務したナカイが書いています。

 

ここでは以下の5つの事について書いています。

 

本記事の内容

  • パスタの細さと茹で時間
  • パスタの茹で時間を2分に短縮する方法
  • 茹で時間を短縮するメリット
  • 茹で時間2分のペペロンチーノ作り方の3つの手順
  • パスタの茹で時間2分でペペロンチーノを作るまとめ

 

順番に解説します。

 

こちらの記事を最後までお読みいただければ、あなたの貴重な時間とお金を節約する事が出来ます。

 

もちろんペペロンチーノも美味しく作る事も可能になります。

 

料理が作れて損する事はありません。

 

パスタの細さと茹で時間

パスタの細さと茹で時間

ここでは一般的なパスタの細さと茹で時間について解説します。

 

まずはこちらをご覧ください。

 

細さ(mm) 茹で時間(分)
1.2mm 3分
1.3mm 4分
1.4mm 5分
1.5mm 6分
1.6mm 7分
1.7mm 8分
1.8mm 10分
1.9mm 11分

 

以上が一般的なパスタの細さと茹で時間の目安になります。

ペペロンチーノに使う太さは1.7~19mmに当たるスパゲッティと呼ばれるものです。

 

スパゲッティというのは太さのことです。

 

つまり、ペペロンチーノを作る為にスパゲッティを茹でるには最低でも8分は茹でなければなりません

 

そこからフライパンでソースと絡める時間、盛り付ける時間なども考慮すると、どんなに早くても10分はかかります。

 

この8分の茹で時間を2分まで短縮した方法をご紹介します。

 

パスタの茹で時間を2分に短縮する方法

パスタの茹で時間を2分に短縮する方法

 

ここではパスタの茹で時間を2分に短縮する方法について解説します。

 

ここを読んでいただければ、誰にでも簡単に茹で時間を短縮する事ができます。

技術は必要ありません。

 

茹でる時間が長くてパスタ作るのが面倒だという人はにぴったりの方法です。

 

パスタの茹で時間を2分にする方法はこちらです。

 

水に浸しておく

 

それだけです。

予めパスタを水に浸しておく事で茹で時間を2分まで短縮する事ができます。

 

パスタを予め水に浸しておくことで、パスタが水分を含み茹でる時間が短くて済みます。

 

ですので、パスタの細さにもよりますが1分〜2分程度の茹で時間に短縮できます。

 

茹で時間を短縮するメリット

茹で時間を短縮するメリット

ここではパスタの茹で時間を短縮するメリットについて解説します。

 

パスタの茹で時間を短縮することで得られるメリットは以下の2つです。

 

  • 時間の節約
  • お金の節約

 

順番に解説します。

 

時間の節約

当然の事ながら時間を節約する事ができます。

 

パスタを家庭で作る上でネックなのが、お湯を沸かす時間とパスタを茹でる時間です。

この2つを短くできればかなりの時間の節約になります。

 

パスタを水につけておく事で、どちらの時間も短縮する事ができます。

なぜ何ら、水につけたパスタはふやけて柔らかくなっているので、少量の水で茹でる事ができるからです。

 

一般的に100gの乾燥のパスタを茹でるには1Lの水を沸騰させなければいけません。

家庭で1Lの水を沸かすには10分ほどかかるでしょう。

 

それが半分、もしくは3分の1の水の量で済みます。

ですので、お湯を沸かす時間も短縮数事ができます。

 

そして茹で時間も短縮できるので、2つを合わせる約20分早く作る事ができます。

 

 

お金の節約

茹でる時間が短縮できるという事は当然ガス代や電気代の節約になります。

 

ガスコンロやIHコンロを使用する時間が短くなるので、その分光熱費も節約することになります。

 

1回の金額は微々たるものかもしれませんが、積み重なると馬鹿にはできません。

 

\ 料理上手になる! /

料理記事の一覧

 

茹で時間2分のペペロンチーノ作り方の3つの手順

茹で時間2分のペペロンチーノ作り方の3つの手順

ここでは茹で時間2分のペペロンチーノの作り方の手順について解説します。

 

茹で時間2分のペペロンチーノの作り方の3つの手順は以下です。

 

  1. パスタを水に浸す
  2. ソースを作りながらパスタを茹でる
  3. 盛り付ける

 

順番に解説します。

 

パスタを水に浸す

まずはパスタを水に浸しておきます。

 

問題はどれくらいの時間水に浸しておけば良いのか?

ということです。

 

パスタの太さににもよりますが、これは最低でも2時間は浸しておいてください。

4〜5時間程度浸しておいても全く問題ありません。

 

最後にノーカットの動画を載せておきますが、その時に使用したパスタは1.9mmのパスタで茹で時間は9分となっているものでした。

 

それを4時間ほど水に浸した物使用しています。

 

パスタを水に浸すには100均に細長いパスタ保存用のタッパーが売っているのでそれを使うと便利です。

 

パスタを水に浸す時は冷蔵庫に入れておいてくださいね。

 

ソースを作りながらパスタを茹でる

パスタの準備が出来たら、ペペロンチーノの材料を準備をします。

 

家庭でのペペロンチーノを作るコツについては以下の記事をご覧ください。

☞「ペペロンチーノの乳化のコツはフライパン選びで決まる?」

動画付きで解説しているので、初心者でもわかりやすいです。

 

料理が得意だという上級者向けには以下の記事もおすすめです。

☞「究極のペペロンチーノを作る方法」

 

盛り付ける

ソースとパスタを絡めたらお皿に盛り付けて完成です。

おこれでお湯を沸かす時間とパスタを茹でる時間を短縮したペペロンチーノの完成です。

 

パスタの茹で時間2分でペペロンチーノを作るまとめ

パスタの茹で時間2分でペペロンチーノを作るまとめ

いかがでしたでしょうか?

パスタの茹で時間2分でペペロンチーノを作る手順について解説しました。

 

パスタを水に浸しておくだけというとても簡単な方法で、誰にでも真似する事が出来ます。

この記事を参考にしてペペロンチーノを作って頂ければ、あなたの貴重な時間もお金も節約する事ができます。

 

更に美味しいペペロンチーノを作る手順まで覚える事が出来ます。

もしも、これで美味しく出来なかったという場合はコメント欄からご連絡ください。

 

アドバイスさせていただきます。

最後にパスタの茹で時間を2分にする方法をおさらいしましょう。

 

水に浸しておく

 

以上です。

 

最後にノーカットの動画も載せておきますので本当に2分で茹でる事が出来るのかをご確認ください。

 

動画自体は解説もあるので長くなっていますが、茹で時間を測って頂ければ2分だという事がお分かりいただけます。

 

\ 料理上手になる! /

料理記事の一覧

 

スポンサーリンク

-レシピ, 料理

Copyright© ナカイのソラタビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.