レシピ 料理

究極のペペロンチーノを作るには塩とオリーブオイルを2種類使うべし

ペペロンチーノ

「究極に美味しいペペロンチーノを作りたい!」

「ペペロンチーノをもっと美味しく作る方法ってあるの?」

 

そんな疑問を解決します。

この記事は料理人歴15年のナカイが書いています。

 

本記事では以下の事に5つを解説しています。

本記事の内容

  • 美味しいペペロンチーノとは?
  • ペペロンチーノの材料
  • オススメの塩とオリーブオイル
  • 塩とオリーブオイルを2種類使って究極のペペロンチーノを作る
  • 究極のペペロンチーノを作るまとめ

 

最後までお読み頂ければ、どのように塩とオリーブオイルを使えば究極のペペロンチーノを作れるか知る事ができます。

 

動画でも解説しています。

 

美味しいペペロンチーノとは?

美味しいペペロンチーノとは?

ここでは美味しいペペロンチーノについて解説します。

 

美味しいペペロンチーノを作るコツはオリーブオイルと茹で汁を乳化させることです。

これはどんな料理人に聞いてもそう答えるでしょう。

 

なぜなら、オリーブオイルと茹で汁を乳化させることでソースのようにとろみが付きパスタに絡みやすくなるからです。

 

ニンニクと鷹の爪の香りを移したオリーブオイルをパスタに上手く絡めることで美味しいペペロンチーノになります。

 

パスタの1本1本に綺麗にソースを絡めることで、全体的に上手く味が伝わり美味しくなります。

 

ペペロンチーノの乳化のコツについては以下の記事で詳しく解説しています。

>>>ペペロンチーノの乳化のコツはフライパン選びで決まる?

 

 

ペペロンチーノの材料

ペペロンチーノの材料

ペペロンチーノで使う材料について解説します。

ペペロンチーノの正式名称はアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノと言います。

 

つまりアーリオ(ニンニク)、オーリオ(オイル)、ペペロンチーノ(唐辛子)の3つが美味しく作るポイントであり、主要な材料だと言えます。

 

使う材料は以下の5つのみになります。

  • ニンニク
  • オリーブオイル
  • 唐辛子
  • 塩(胡椒)
  • パセリ

 

厳密に言えば、パセリの必要ないですが料理は見た目も美味しさの要素なので多くの場合パセリを利用します。

 

使う食材が少ない分、食材の質が味を左右すると言っても過言ではないです。

それぞれの食材を出来る限り、品質の高いものにすることで究極のペペロンチーノを作る事ができます。

 

その中でも特に拘りたいのが塩とオリーブオイルです。

なぜならどちらの食材も数多く存在するからです。

 

言うなれば、無限の組み合わせが可能になるのでシンプルが故に拘ればこだわるほど「最高に美味しいペペロンチーノ」が更新されます。

 

料理を作る上で美味しい食材の組み合わせには1つの定義があります。

それは同じ産地で取れたものは相性が良いというものです。

 

たとえば、フランスのボルドーで獲れる野鳥などはボルドーの森にある果実や木の実と合わせて料理を作ったり、赤ワインを料理に使います。

日本で言えば、新潟で取れたコシヒカリと日本酒、魚介類などはとても相性が良いというはお分かりいただけると思います。

 

オリーブオイルの産地と言えば、スペインやイタリアが有名です。

しかし、その他のトルコやギリシャ、そして日本でもオリーブオイルは作られています。

 

塩も同じく世界中で作られている調味料なので、どれを使えば美味しいペペロンチーノを作れるのか迷ってしまいます。

ですので、次のところで僕のおすすめの塩とオリーブオイルをご紹介します。

 

オススメの塩とオリーブオイル

オススメの塩とオリーブオイル

飲食業に15年以上勤務したナカイがペペロンチーノを作るときにオススメの塩とオリーブオイルについてご紹介します。

 

数多くの種類があるので探し出すのが大変です。

 

ですので、僕の経験を参考にベースを作ってください。

そこからあなた好みの味に近づけて行くと究極のペペロンチーノまで近道になります。

 

僕のオススメする塩とオリーブオイルはこちらです。

 

  • ゲランド産の塩
  • アルドイノオリーブオイル

 

 

ゲランド産の塩

まずは塩のご紹介です。

 

ゲランド産の塩はフランスの西海岸、ブルターニュ地方にあります。

パリュディエ」と呼ばれる塩職人によって伝統的手法で作られています。

 

歴史は古くブルボン王朝時代からフランス料理のシェフたちから高い評価を受けています。

 

僕は以前出張料理をしているときに、このゲランドの塩を使用していました。

お客様の反応がとてもよく、値段もそこまで高くないので非常にコスパが良いです。

 

ペペロンチーノだけでなく肉料理、魚料理にも使えるので手軽に料理を美味しくしたい時はこの塩を利用すれば、苦労する事なく料理が美味しくなります。

 

アルドイノオリーブオイル

 

アルドイノのオリーブオイルはイタリアのリグーリア州が原産地です。

 

オリーブをペースト状にすり潰し、遠心分離機で液体を抽出しバーコレーション(浸出)機で上質のオイルのみを取り出したものがアルドイノオリーブオイルです。

 

この方法は無理なく圧力をかける事がないので、えぐみのない上質なオイルのみを抽出する事ができます。

 

こちらも以前に出張料理の時に、パンにつけるオリーブオイルとして利用していましたが、お客様にもとても喜んで頂いた実績があります。

 

塩とオリーブオイルを2種類使って究極のペペロンチーノを作る

塩とオリーブオイルを2種類使って究極のペペロンチーノを作る

塩とオリーブオイルを2種類使って究極のペペロンチーノをどのように作るのかを解説します。

 

ただ、2種類の塩とオリーブオイルを使えば美味しいペペロンチーノを作れるというわけではありません。

 

それぞれを正しく使わないと、食材の本来の味を最大限に引き出す事はできません。

 

場合によっては、味を悪くしてしまう可能性もあるので適切な使い方を覚えてください。

 

以下の2つに分けて解説していきます。

  • 塩の使い分け
  • オリーブオイルの使い分け

 

塩の使い分け

まずは塩の使い分けについて解説します。

 

塩は2カ所で使います。

 

パスタを茹でる時に1種類。

ソースの味をつける時にゲランドの塩です。

 

パスタを茹でる時に使う塩は安いもので構いません。

ただ、より美味しくするには精製塩ではなく自然に作られた塩を使う事をオススメします。

 

ゲランドの塩はオリーブオイルと茹で汁を乳化させる時に使用します。

以上が塩を使う2カ所のポイントです。

 

ただし、1つ注意点があります。

それはパスタを茹でる時に加える塩は少し減らすという事です。

 

一般的にパスタを茹でる時の塩加減は1%とされています。(1Lの水に10g)

しかし、2種類の塩を使い分ける時は茹でる時の塩を0.5〜0.8%くらいにしてください。

 

オリーブオイルの使い分け

次にオリーブオイルの使い分けについて解説します。

 

オリーブオイルの使い分け2カ所です。

ニンニクの香りを出す時と仕上げの時です。

 

ニンニクと鷹の爪、オリーブオイルをフライパンに入れて火にかける時に使うオリーブオイルはピュアオイルで構いません。

 

むしろピュアオイルの方が良いです。

なぜならアルドイノオリーブオイルのようなエクストラヴァージンオイルは加熱に弱いからです。

 

熱に弱く酸化してしまい、味わいが悪くなってしまうのでピュアオイルを使ってください。

 

そしてアルドイノオリーブオイルは最後の最後の仕上げに回しかけてください。

ソースとパスタをフライパンで絡め、さらに盛り付けた後にひと回しかけることで香りと味わいを最大限に引出します。

 

究極のペペロンチーノを作るまとめ

究極のペペロンチーノを作るまとめ

いかがでしたでしょうか?

究極のペペロンチーノを作るには塩とオリーブオイルを2種類使うべき理由について解説しました。

 

使用する食材が少ないからこそ、品質の高いものを選ぶ事がより美味しく作るポイントになります。

 

最後に僕のオススメの塩とオリーブオイルをもう一度ご紹介します。

 

  • ゲランド産の塩
  • アルドイノオリーブオイル

 

番外編でイビザ島の塩で作っても美味しくできましたよ!

 

\ 美味しい料理を作れるようになる! /

料理の記事一覧

 

スポンサーリンク

-レシピ, 料理

Copyright© ナカイのソラタビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.