イビザ島

海外で初めてレンタカー体験するならイビザ島がオススメの3つの理由

レンタカー
男性
海外で運転するなんて不安過ぎる・・。

どの国なら安全に運転できるの?

 

そんなお悩みを解決します。

 

ここでは以下の2つの事について解説します。

本記事の内容

  • 海外で初めてレンタカー体験する時に立ちはだか6つの壁
  • 海外で初めてレンタカー体験するならイビザ島がオススメの3つの理由

 

海外旅行に限らず、旅行先でレンタカーを借りて観光地を効率よく回りたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

 

中心都市なら交通の便もよくレンタカーはさほど必要ではありません。

しかし、少し田舎のように行くと観光地が遠く離れていたりします。

 

そんな時はバスタクシーを使って移動することになりますが、タクシーだとお金がかかるし、バスだと1時間に1本しか無いと言う事があります。

そうなった時にレンタカーがあれば、もっと時間を有効利用でき、観光地を沢山の回る事ができます。

 

しかし、海外での運転って難しかったり、予約が英語や現地の言葉だったり、トラブルが起こった時どうしたら良いんだろうという疑問があると思います。

 

ここでは僕が2019年9月に行ったイビザ島の旅行を元に、海外で初めてレンタカー借りるならイビザ島がオススメだよという事をご紹介します。

海外でレンタカーを使って運転する体験や練習したいと思っている方はこちらの記事を最後まで読んで頂ければ、イビザ島に行って運転したくなっています。

 

海外で初めてレンタカー体験する時に立ちはだか6つの壁

steering-wheel

まず海外でレンタカーを運転するときにとなる事があります。

 

これらのが全てなくなれば、海外の運転も日本と変わらずに運転できるようになるのではないでしょうか?

 

その6つの壁を取り払う方法をご紹介します。

  • 海外でレンタカーの壁1:免許
  • 海外でレンタカーの壁2:予約
  • 海外でレンタカーの壁3:現地のルール
  • 海外でレンタカーの壁4:価格
  • 海外でレンタカーの壁5:トラブル
  • 海外でレンタカーの壁6:キャンセル

この6つの壁を解決できたらぜひ検討してみてくださいね!

順番にご紹介します。

海外でレンタカー体験の壁1:運転免許

1つ目の壁は免許です。

男性
海外で運転するにはどんな免許が必要なの?日本の運転免許でそのまま運転できるの?

と思う人もいるかもしれません。

 

海外で運転するには国際運転免許というものが必要になります。

もちろん日本の運転免許を持っていないと国際運転免許も取得できません

 

ここでは、国際運転免許証の取得手順ををご解説します。

国際運転免許の取得手順

国際運転免許はどのように取得すれば良いのでしょうか?

日本の運転免許のよう試験があるのでしょうか?

 

ここでは国際運転免許の取得の手順について解説します。

実は国際運転免許の取得手順は経ったの3つで済みます。

 

申請書作成

申請書提出

免許交付又は郵送

以上の3ステップで国際運転免許を取得する事ができます。

順番に解説していきます。

申請書作成

申請書はパスポートセンターにあるので、パスポートセンターで記入します。

その時に必要な物が以下の4点です。

  • 日本の運転免許証
  • 申請用顔写真
  • 外国に渡航する書類(チケットやパスポートなど)
  • 手数料2,350円

以上の4点を準備してパスポートセンターで申請書類を記入してください。

申請書提出

申請書の記入が終わったらら、上記の4つの物と一緒に窓口に提出してください。

免許交付又は郵送

免許センターで申請書を提出した場合は即日発行なので、その日のうちに国際運転免許証を取得する事ができます。

 

詳しくはお住いの免許センターや警察署のHPをご覧ください。

国外運転免許証も同じものです。

海外でレンタカー体験の壁2:予約

次にになるのが、予約方法では無いでしょうか?

 

というのも旅行先や現地の窓口でレンタカーの予約をするには英語もしくは現地の言葉が必要になってきます。

言葉が通じないと、細かい延長料金の事やトラブルが起こった時に困ってしまいます。

なので日本語で予約できたら良いなと思いませんか?

 

日本語で海外のレンタカーを予約できれば、現地の窓口などで予約する必要が無くなりますね。

ですので、海外でレンタカーを予約するなら僕だったら日本語で予約できるサイト使います。
世界中のレンタカーを検索

海外でレンタカー体験の壁3:現地のルール

国際運転免許を取得して、レンタカーの予約もできました。

次に現地のルールを知らなければ海外で運転できません。

 

現地のルールというのはどういうことかというと・・・。日本の道路は左側通行ですが、世界では右側通行の国もあるのです。

海外旅行が初めてという人は知らない人もいたのではないでしょうか?

 

また、標識なども国によっては若干形が異なったりしているので、注意が必要です。

イビザ島では左ハンドルの車で右側通行

海外でレンタカー体験の壁4:価格

そして、価格ですね。

 

慣れない英語や現地の言葉で会話してしまうと聞き取れなかったりして、ぼったくりの可能性というのもあるかもしれません。

その場で現金で支払う場合には気づくかもしれませんが、クレジットカードでの引き落としの場合、気づかずに引き落とされてしまうかもしれません。

 

料金に納得がいかないまま良好するというのも、旅行を楽しめなくなってしまいます。

12時間の料金なのか?1日の料金なのか?2日の料金なのか?細かく確認する必要があります。

旅行前に余計な神経は使うと楽しい旅行も台無しです。

 

ですので、僕だったら日本語で予約できるサイトで予約します。
世界中のレンタカーを検索

海外でレンタカー体験の壁5:トラブル

男性
トラブルが起きたらどうするの?

ここではそんな悩みにお答えします。

 

海外で運転ををして万が一トラブルが起きてしまった時にどうしたら良いかわかりませんよね?

英語や現地の言葉でトラブルの対処なんて出来ないから海外での運転はしたくないという方が多いです。

 

しかし、このトラブルの対処が日本語で出来たり、誰かが代わりにやってくれるとしたら、海外での運転への壁が少し下がりますね。

ですので、日本語でのカスタマーサービスがある予約サイトでレンタカーを予約するのがオススメです。

現地の窓口の人に聞くよりもスムーズに話を進める事ができるので、楽しい旅行の時間を浪費しません。

 

イビザ島でレンタカー体験の壁6:キャンセル

レンタカーを借りる上でキャンセル料がかかるかどうか?

というのも一つの壁になるのではないでしょうか?

予約していたレンタカーをキャンセルするのにキャンセル料がかからなかったら嬉しいですよね。

海外旅行をしていると気候の影響で、飛行機の遅延や電車の遅れなどで旅行の日程を変更しなくてならない場合というのがあります。

 

レンタカーの予約をキャンセルするのに、キャンセ料が掛からない予約サイトで予約をするのがおすすめです。

世界中のレンタカーを検索

Easy RentCarとは?

vintage-car

実は、これらの6つの壁のうち4つを解決できる予約サイトがあります。

それが「EasyRentCars」というサイトです。

 

こちらのサイトを使えば以下の海外でレンタカー体験の6つの壁

  • 海外でレンタカー体験の壁1:免許
  • 海外でレンタカー体験の壁2:予約
  • 海外でレンタカー体験の壁3:現地のルール
  • 海外でレンタカー体験の壁4:価格
  • 海外でレンタカー体験の壁5:トラブル
  • 海外でレンタカー体験の壁6:キャンセル

のうち4つを解決する事が出来ます。

 

日本語での予約・価格の最安値・トラブル時の日本語でのカスタマーサービス・キャンセル料無料などを解決出来ます。

日本にいながらでも、空港の待ち時間で予約する事ができます。

 

EasyRentCars」というのは世界中のレンタカーを比較でき、さらに予約できるサイトです。

世界中のレンタカーですので、日本のレンタカーも比較&予約する事ができます

 

予約したレンタカーで後から安いプランが出てきた場合に自動で予約変更してくれるという機能がついています。

詳しくはコチラ

海外で初めてレンタカー体験するならイビザ島がオススメの3つの理由

sunset-ibiza

海外での運転することへの壁はなくなりましたね!

そうなったら実際に海外で運転をしてみたくなりませんか?

 

僕が海外で初めて運転するならイビザ島をお勧めします。

何故なら僕たちが2019年の9月にイビザ島でレンタカーを借りて旅行をしてきたからです。

なぜイビサ島なのか?

ここでは3つの理由を解説します。

 

海外で運転をしてみようかなと考えている方は、こちらを最後まで読んでいただければ、イビザ島で運転したくなりますよ!

  • オススメの理由1→信号が少ない
  • オススメの理由2→道が空いている
  • オススメの理由3→駐車場がない

順番に解説していきます。

 

イビザ島で運転っていいなぁと思われたら、お問い合わせしてみてくださいね!

オススメの理由1:信号が少ない

車を運転していてストレスに感じるのは信号です。

信号が多すぎると停まったり、進んだりという動作が多くなりストレスに感じます。

運転しているというよりは、運転させられているというような気持ちになります。

 

信号が少なければ止まる事が少ないので、窓開けて風を感じ「ボブ・ディラン」を流しながら、地中海をみながら運転しているところを想像してみてください。

 

最高じゃないですか?

イビザ島でのレンタカー体験は一言で言って最高です。

オススメの理由2:道が空いている

信号が少なくても、道が混んでいたら不安の方が大きくなりますよね?

イビサ島の道は空いています。

 

車で走っていて、前を走っている車に追いつくということはほとんどありませんでした。

僕らが慣れずにゆっくり走っているからだというのも理由ですが、日中でも夜でもはかなり空いています

 

あくまで、僕らが行った9月上旬の話として聞いてくださいね。

7月や8月のピーク時はもしかしたらもう少し混んでいるかもしれません。

オススメの理由3:駐車場がない

イビザ島には駐車場がありません。

いや、正確に言えばあるのかもしれませんが、基本的に全て路上駐車でオッケーです。

 

家の門の前とかに止めては流石にダメですが、それ以外はどこに止めても良いみたいです。

実際僕たちも、駐車場らしき場所に止めたり、路上に止めたりしてましたが、特に注意されることはありませんでした。

路上なので、料金もかかりません。駐車料金が掛からないって相当なメリットですよね!

 

以上の3つの理由から海外で初めてレンタカー体験をするならイビザ島がおすすめだと言えます。

 

ちなみに僕たちのイビザ島の旅行のスケジュールはイビザ島旅行2泊3日のスケジュールを大公開でご紹介しています。

レンタカーを使ったスケジュールなので、参考にしていただければ嬉しいです。

イビザ島のヌーディストビーチ2選|グーグルマップで探す手間省きます
イビザ島のヌーディストビーチ2選|グーグルマップで探す手間省きます

続きを見る

海外で初めてレンタカー体験するならイビザ島がオススメの3つの理由のまとめ

イビザの夜の浜辺

いかがでしたでしょうか?

海外で初めてレンタカー体験するならイビザ島がオススメの3つの理由をご紹介しました。

 

海外で運転してみたくなりましたか?運転するならやっぱり海のあるところが良いですね!

降り注ぐ太陽の光と青い海と流れる景色

海外でレンタカーを運転する6つの壁を超えられれば、そこまで難しくないですね。

 

最後にもう一度、海外でレンタカーを運転する6つの壁を確認しましょう。

  • 海外でレンタカー体験の壁1:免許
  • 海外でレンタカー体験の壁2:予約
  • 海外でレンタカー体験の壁3:現地のルール
  • 海外でレンタカー体験の壁4:価格
  • 海外でレンタカー体験の壁5:トラブル
  • 海外でレンタカー体験の壁6:キャンセル

以上の6つでしたね。

 

そしてこれらの壁を半分以上解決してくれるのが、「EasyRentCars」(イージーレンタカー)でしたね。

日本語での予約・価格の最安値・トラブル時の日本語でのカスタマーサービス・キャンセル料無料で利用する事が出来ます。

Easy RentCar

 

そして、海外で初めてレンタカー体験するならイビザ島がオススメの3つの理由はこちらですね。

  • イビザ島がオススメの理由1→信号が少ない
  • イビザ島がオススメの理由2→道が空いている
  • イビザ島がオススメの理由3→駐車場がない

車の運転はやっぱり走っている時の、風を感じたり、風景の移り変わりをみたり、音楽に乗って運転するのが楽しいですよね!

 

それを実践できるのが、イビサ島です。

海も綺麗だし、運転するには最高の場所ですよ!

また、初めてのイビザ島旅行初めてのスペイン旅行だという方の為にイビザ島旅行に行く前に知って置いて欲しい10の事という記事も書いています。

 

イビザ島への行く手段や、イビザ島での移動手段、お土産など全部で10個の項目に分けて解説しています

イビザ島旅行を検討している方は参考にしてみてくださいね!

 

イビザ島行き方
イビザ島への行き方|どの方法が一番お得?【2020年版】

続きを見る


スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-イビザ島

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5