料理

全自動エスプレッソマシン業務用と家庭用の違い

全自動エスプレッソマシン業務用と家庭用の違い

「業務用と家庭用のエスプレッソマシンてどう違うの?」

「1日に何杯以上なら業務用を購入した方が良い?」

 

そんなお悩みを解決します。

 

飲食店でエスプレッソマシンを導入するのに業務用にしようか、家庭用にしようか悩む方も多いです。

 

全自動エスプレッソマシンはボタン1つで豆を挽くところから抽出までしてくれるので、誰でも美味しいエスプレッソを飲む事ができます。

 

しかし、全自動エスプレッソマシンにも多くの種類があり、どうやって選べば良いのか迷ってしまいますね。

 

本記事では全自動エスプレッソマシンの特徴をまとめ、それぞれの用途に応じた選び方を紹介していきます。

 

業務用エスプレッソマシンならデロンギがおすすめです!

デロンギ公式オンラインストア

 

 

エスプレッソマシンの種類

カフェ店員1

エスプレッソマシンの種類について解説します。

 

エスプレッソマシンには、大きく分けて「全自動」と「半自動」の2種類があります。

これらは機能はもちろん必要になる道具も違うので、自分が欲しいのはどちらなのかを初めに決めなければなりません。

 

全自動エスプレッソマシン

全自動エスプレッソマシンの機能としては、ボタン1つでエスプレッソを淹れられる気軽さが特徴になります。

あらかじめ設定した通りにエスプレッソを淹れる事ができるので、誰が使っても同じ味のエスプレッソを飲める事も魅力の1つです。

 

フォームミルクを作る機能が付いているものでは、ラテプチーノも全自動で淹れる事ができます。

全自動ではラテアートを作る事は出来ないので、おしゃれなカフェのように味以外を楽しみたい場合には向いていません。

 

半自動エスプレッソマシン

半自動のエスプレッソマシンとは、抽出の部分を自動で行ってくれるエスプレッソマシンの事です。

豆を挽いてセットする部分までは手動で行う必要があります。

 

全自動エスプレッソマシンではマシンさえあればエスプレッソを淹れる事ができましたが、半自動の場合では豆を挽く「グラインダー」とフィルターに入れた後に押し固める「タンパー」が必要になります。

 

フォームミルクも自分で作るので技術は必要になりますが、ラテアートなども含め細部にまでこだわったエスプレッソを淹れたい場合は半自動の方が適しています。

 

ただし、全自動エスプレッソマシンが電源のオンオフ時に自動で洗浄してくれるのに対し、半自動エスプレッソマシンでは使用後の片づけが大変というデメリットもあります。

 

家庭用と業務用のエスプレッソマシン違い

コーヒータイム

家庭用と業務用の全自動エスプレッソマシン違いついて解説します。

 

全自動エスプレッソマシンには家庭用と業務用の2種類がありますが、味のクオリティー連続して淹れられる杯数に違いがあります。

 

家庭用全自動エスプレッソマシン

家庭用の全自動エスプレッソマシンは1万円~20万円程度が相場ですが、業務用と比べるとミルクを泡立てる力抽出する圧力などが弱いというデメリットがあります。

 

業務用に比べ1杯淹れるまでの時間がかかるだけでなく、抽出の圧力が弱いと厚みのある上質なクレマを作る事ができないので味にも違いが生まれるのです。

 

またサイズが小さいので置く場所に困らないというメリットはありますが、その分連続して淹れる事ができる杯数も少なくなっています。

 

業務用全自動エスプレッソマシン

業務用の全自動エスプレッソマシンは30万円~300万円程度とマシンの大きさや付属している機能によって価格に差があります。

 

家庭用と比べるとどの業務用の全自動エスプレッソマシンも抽出の圧力や連続して淹れる事ができる杯数が優れているので、飲食店などで使用する場合には適しています。

 

購入後のサポート体制や部品の耐久性も高い為、何かトラブルがあった場合でも営業への影響が最小限で済む事が多いです。

 

家庭用よりもサイズが大きい事と、マシン本体以外にも設置費用などの費用もかかるので用途に応じて選ぶようにしましょう。

 

業務用全自動エスプレッソマシンを選ぶ目的

業務用の全自動エスプレッソマシンは価格差が大きいので、目的に合わせて選ぶ事が大切になります。

 

具体的にはエスプレッソマシンにどの程度の機能を期待するのかと、1日に何杯くらいの提供が必要なのかが選ぶ為の目安です。

 

30万円~100万円程度のマシンであれば、1日に80杯~100杯程度のエスプレッソを提供するのに十分な大きさと言えます。

 

抽出の圧力なども高く上質なクレマも作る事ができるので、味のクオリティーに関しても問題ありません。

 

ただしエスプレッソの味にもっとこだわりたい場合や、瞬間的に大勢の来客が見込める場合は100万円~200万円程度のマシンが適していると言えます。

 

この価格帯のマシンは本体が大きいものが多く、1日に150杯~200杯程度のエスプレッソを提供する事が可能です。

 

マシンの機能も30万円~100万円のマシンとくらべると高性能になるので、他店との差別化した専門店などで導入されています。

 

200万円以上するマシンは提供できる杯数が多い事や味のクオリティーが高いのはもちろん、他のマシンでは設定できないような細かい機能が付属されている事が多いです。

 

抽出前に挽いた豆を蒸らす機能が付いていたり抽出する圧力などを細かく設定できたりなど、自分好みのエスプレッソを追求できるようなマシンとなっています。

 

しかし、エスプレッソの初心者が扱うには設定が細かすぎるので、この価格のマシンを導入する場合は使いこなせるような知識を学ぶ事が必要です。

 

created by Rinker
枻出版社
¥825 (2020/10/23 21:16:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

用途に合わせてエスプレッソマシンを選ぼう!

用途に合わせてエスプレッソマシンを選ぼう!

全自動エスプレッソマシンは誰でも気軽にエスプレッソを楽しむ事ができますが、種類が豊富なので用途をしっかりと考えて選ぶ必要があります。

 

どこで使用するのか、1日に何杯くらい提供するのか、どの程度のクオリティーを求めるのかによって適しているマシンが変わるからです。

 

ざっくり100杯以上売れる様であれば業務用、それ以下であれば家庭用のエスプレッソマシンで十分です。

 

家庭用のエスプレッソマシンは以下の記事をご覧ください。

>>>家庭用エスプレッソマシンの使い方を解説

 

購入前にお店の規模や味へのこだわりをまとめ、失敗しないマシン選びをしましょう。

 

デロンギの全自動のコーヒーマシーンがおすすめです。

>>>デロンギの全自動コーヒーマシーン

正しく利用すれば、お店で飲むエスプレッソと変わらない味わいを再現できます。

デロンギのエスプレッソメーカー

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-料理

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5