ドキュメンタル

ドキュメンタル【シーズン8】の感想と見どころをエピソードごとに紹介

ドキュメンタル【シーズン8】の感想と見どころをエピソードごとに紹介

こんにちはナカイです。

 

今回は2020年8月21日に公開された松本人志の【ドキュメンタル シーズン8】の個人的な見所や感想についてご紹介します。

 

2019年の年末には公開されるのではないかと言われていたにもかかわらず、中々公開されずに待ちに待っていました。

 

出演者が多いので、大人の事情というものがあるのでしょうがいよいよ公開されました。

 

ドキュメンタル シーズン8】は全部で5つのエピソードに分かれていて、全てを視聴すると合計で240分ほどかかります。

 

面白いのかどうかもわからないのに240分も時間を使いたくないという方は、本記事を参考にして面白そうなところだけを視聴していただけたらと思います。

 

出演者や内容など一部ネタバレがありますので、ネタバレせずに視聴したいという方はすぐにプライムビデオへ移動して下さいね。

 

プライムビデオに移動する

 

 

ドキュメンタル【シーズン8】の見所はどこ?」

ドキュメンタル【シーズン8】面白いの?」

「どんな出演者なの?」

 

そんな疑問をお持ちの方は是非最後までお読み頂けたらと思います。

視聴するかしないかの判断にはなるのではないでしょうか?

 

本記事の内容

  1. エピソード1 地獄へようこそ
  2. エピソード2 前代未聞
  3. エピソード3 俺が仕留めないと
  4. エピソード4 今までにない笑い
  5. エピソード5 ゲームオーバー

 

では早速エピソードごとに見どころをご紹介しています。



エピソード1 地獄へようこそ

エピソード1 地獄へようこそ

いつもの様に松本人志のインタビューから始まる。

【ドキュメンタル】という番組がどんなポジションなのかを本人自ら解説。

 

 

最初の挑戦者の足元が映し出される。

赤いスニーカーに白いシャツの細身の体型。

 

最初の登場したのは千原ジュニア

「前回は笑っていたよね?」と自覚あり。


2人目の挑戦者の足元が映し出される。

白いアディダスのスニーカーに黒いパンツ。

 

部屋に入るなり

「ハハハハハハ」

と笑いだす。

 

登場したのはフジもん事、藤本敏文

 

ユッキーナとの離婚で

「イジるとこたくさんあるでしょう?」

「そこをいじってきたらカウンターで返す」

 

と意気込みを語る。

続いての挑戦者はサンダルで登場。

入るなり、

「こんにちは〜↑」

 

登場したのはIKKOさんに分するチョコレートプラネット松尾

松本の期待も高い松尾。

続いての挑戦者は全身黒づくめの格好で登場。

品川庄司の庄司智春。

 

松本曰く「そんなに活躍しないだろう」と笑。


登場したのはトータルテンボス藤田

松本にハマってるという藤田。

 

「今までにみた事ない笑いを作っていきたい。」と意気込みを語る。

続いて登場したのは、次長課長の河本

「8年間の自粛のストレスをAmazonで爆発させたら、面白くなる」

と松本の評価。

 

本人も「新しい河本を見せられたら」

と意気込みを語る。

続いて登場するのはケンドーコバヤシ

意気込みでも風俗ネタで返す余裕の貫禄。

次に映し出される足元はド派手なパンツ姿。

自ら「バキバキの地下芸人ですよ。」

 

というチャンス大城が登場。

続いては入り口のすりガラスにシルエットが映るだけで、

「え〜、またや」

とブーイングにも似たリアクション。

 

登場したのは野性爆弾のくっきー

断る理由なし」と自信満々の参戦。

10人目の参加者は赤いボンタンを履いて登場。

千原兄弟の兄。千原せいじ

 

6時間の収録時間はアフリカロケに比べれば余裕と意気込みを語る。

最後に松本人志が登場する。

シーズン8が中々配信されなかった理由についても語られる。

 

色々な推測が飛び交っていたが、真実は一体??

 

2020年9月4日ついにお蔵入りになった幻のシーズンが配信!!

 

ルール解説

  • 参加費は100万円
  • 最後まで笑わなかった芸人が1,000万円+松本の100万円を獲得
  • 笑った場合には笑いの度合いでイエロー、レッドカード
  • レッドカードが出たら退場
  • 制限時間は6時間
  • 6時間で決着がつかない場合はポイント制で決定
  • 脱落者がゾンビとして残りの芸人を全滅させたらノーコンテスト
  • 最後の1人は6時間以内はゾンビの攻撃を受け続ける

 

参加者の100万円を回収し松本が部屋を出る。

そしてドキュメンタル【シーズン8】がスタートする。

 

千原兄弟の会話から始まる。

千原せいじの帽子をいじり始める。

 

そこから、庄司のオープニングミキティーに松尾がIKKOさんで被せる。

それに笑ってしまう芸人が。

 

歴代最速のペナルティーではないかと?

最速で笑ってしまった芸人は一体誰なのか?

 

\ いつ終わるかわからない /

30日間無料体験する

クリックするとAmazonプライム無料体験ページに飛びます。

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

エピソード2 前代未聞

エピソード2 前代未聞

 

残り時間5時間53分のところからエピソード2が始まる。

 

ジョイマンの話になり、藤田が言い始める。

「なんだこいつ選手権します?」

フジもんが食い気味に「するか!」

 

と返答するも、ケンドーコバヤシが「なんだこいつ〜」と叫び始める。

 

それに藤田も続く。

さらに庄司が続き、松尾も続く。

 

河本の「ミキティ」

と言う言葉に庄司が答える。

 

「ミキティーーーー」

 

ジュニアが危ない。

笑いを堪えているのが、よくわかる。

 

ペットボトルで水を飲みごまかす。

 

更にフジもんが「まことにすいまめーん」とボケる。

 

そこに2人の「なんだこれ〜」が被る。

フジもんが笑いそうになるが、必死に堪える。

 

話題が変わり、チャンス大城がモノマネを披露することに。

「西表山猫の顔真似しながらふくろうの音を出します。」

と言い、モノマネを始める。

 

かなりの精度の高いモノマネが披露される。

更にF1カーの音マネをする五木ひろしを披露する。

 

こちらもクオリティーが高く笑いそうになる芸人が・・・。

更に追い討ちをかけ、ピンポイントで笑わせに。

 

その餌食になる芸人とは。

 

同時に2人の芸人がペナルティーになってしまう。

 

更にチャンス大城が続く。

 

千原ジュニアが「ごきげんよう出たことある?」

とサイコロを渡し、サイコロを降らせる。

 

出た目は「恋の話」。

 

チャンス大城がコンビニでアルバイトしていた話を始める。

この恋話の笑いを堪え切れなくなってしまう芸人が。

 

そして、このチャンス大城の恋話が本当かどうかは分かりませんがすごい話です。

超有名ミュージシャンとのエピソードなので、笑いの有無に関わらず是非ともご覧頂きたいです。

 

エピソード2の後半に見どころがあります。

くっきーが作ったゲームをやろうと言う流れになり、ゲーム画面が表示されます。

 

プレイする人がスマホをコントローラーがわりにして、ゲーム進めるのですが・・・。

くっきーの作った独創的なゲームに思わず笑ってしまう人は一体誰なのか?

 

エピソード3 俺が仕留めないと

エピソード3 俺が仕留めないと

エピソード3は残り4時間42分のところから始まる。

 

クッキーの自作のゲームが続きから始まる。

更に新しいステージのゲームが披露され、ペナルティーのブザーが鳴る。

 

「え」

「え、誰?」

「俺じゃないです?」

 

とみんなが顔を見合わせる、一体何が起きたのか?

ドキュメンタル史上初めての出来事が。

 

エピソード3中盤でドキュメンタルシーズン8の初の脱落する芸人が現れる。

 

エピソード3の後半ではチャンス大城の音まねが再びスポットを浴びる。

上半身裸になり、テーブルの上に寝そべって背中で様々な音を出すと言いうもの。

 

  • まずはトイレのスッポンの音。
  • 次に馬が走る音。
  • 次はガマガエル。
  • 洋館のドアが開く音。
  • 最後はセスナ機が着陸する音。

 

一連の行動で我慢していた芸人がついに笑ってしまう。

 

エピソード3の終盤は松尾が微妙な空気にするが、それに庄司が立ちはだかり巻き返す。

松尾の所は面白くないですが、庄司が全てを持っていく所はさすがの一言。

 

庄司の最後の発言にも注目!!

 

シーズン8を視聴する

クリックするとAmazonプライム無料体験ページに飛びます。

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

エピソード4 今までにない笑い

エピソード4 今までにない笑い

エピソード4は残り時間3時間24分のところから始まる。

エピソード4の始まりは吉本の社員が登場。

 

せいじとの契約を更新しようと現れる。

 

後半にフジもんが言い出す。

ゲームしよう!スネハーモニカしよう。」

 

椅子に座って、ハーモニカを咥えスネを叩いてハーモニカの音が出たら負けと言うゲーム。

まずは千原せいじから始まる。

 

叩くのはくっきー。

ハードカバーの背表紙で政治のスネを叩く。

 

どん。

 

鈍い音が響くがハーモニカはならない。

 

続いて言い出しっぺのフジもんが椅子に座り、叩くのはくっきー

同じ様にハードカバーの背表紙で叩く。

 

どん。

 

「フワ〜」

ハーモニカの音が漏れ出す。

 

続いて河本が座る。

ハーモニカを咥える前くっきーが叩く。

 

更にケンドーコバヤシ、庄司と続く。

庄司の時に河本が空き瓶を持ってきて、試しで叩いてみる。

 

その痛さに耐え切れずに笑い出してしまう芸人は一体誰なのか?

 

エピソード5 ゲームオーバー

エピソード5 ゲームオーバー

エピソード5は残り時間2時間12分のところからスタート。

残った芸人は7人。

 

エピソード5の始まりは、なんでんかんでんの社長が登場。

助っ人なのかゲストなのかはわからないが、ラーメンを作りに登場する。

 

ラーメンを作りながら、更にオペラを歌い出すと言う展開に。

テーブルではクッキーの作った、おなじみのカルタで遊ぶ。

 

そのカルタの句をなんでんかんでんの社長に歌わせて笑いを誘う。

 

エピソード五の最大の見どころは中盤から後半にかけて、仕掛けるのはくっきー。

おなじみのテンガエッグを被ったキャラが登場。

 

今回は更にパワーアップして、気持ち悪さと面白さがアップしています。

 

 

終盤にはゾンビタイムも発動。

これまでに脱落した芸人たちが、ノーコンテストにしようと登場する。

 

ドキュメンタル シーズン8】のレビュー

僕の感想の前に他の方の感想やレビューも見てみましょう。

 

 

 



ドキュメンタル【シーズン8】の感想

ドキュメンタル【シーズン8】の感想

いかがでしたでしょうか?

ドキュメンタル【シーズン8】の見所についてご紹介しました。

 

僕の個人的な感想をかかせて頂きます。

まずは、今ひとつだった点を書かせていただきます。

 

エピソードの振り分けのバランスがかなり偏っている様に感じます。

エピソード5が長く取られている意図があまりよく分かりませんでした。

 

また、カットされている部分があったのだろうと言うのがよくわかるくらい、途中で衣装が変わっている事があるので一瞬見逃したのかと思ってしまします。

 

トータルテンボスの藤田さんは少しもったいなかったなと思います。

個人的には面白いと思いますが、ドキュメンタル8に関しては少し噛み合わなかったと言う印象です。

 

良かった点は全体的に面白かったです。

出演者は全員吉本で、それが嫌だと言う人も中にはいますが全員がとてもレベルの高い方だったので飽きる事なく最後まで見続ける事ができます。

 

爆発的な笑いはなかったかもしれませんが、見ていずっとニヤニヤしてしまうと言う感じです。

個人的なおすすめはエピソード2のくっきーさんのオリジナルゲームとエピソード3の最後に庄司さんが巻き返すところです。

 

時間がないと言う方はエピソード2と3だけでも見て欲しいです。

 

\ いつ終わるかわからない /

30日間無料体験する

クリックするとAmazonプライム無料体験ページに飛びます。

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

再び配信停止になるかもしれない問題作はこちら

 

いきなりの無料体験は不安と言う方はAmazonプライムのメリット・デメリットを先にご覧ください。

>>>Amazonプライムのメリット・デメリット

 



\ 他のシーズンを見る /

ドキュメンタルの記事一覧

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-ドキュメンタル

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5