ブログ

内部リンクとは?SEO対策でPV数を向上させる方法【初心者向け】

内部リンクとは?SEO対策でPV数を向上させる方法【初心者向け】

「内部リンクって何?」

「どういう効果があるの?」

「最も効果のある内部リンクの貼り方ってあるの?」

 

そんな疑問を解決します。

 

ブログ歴2年弱で収益化しているナカイが初心者の方の為に、内部リンクの効果や最適化した貼り方を解説します。

まだ、ブログで収益化出来ていいない方は真似するだけで検索で上位表示されたり、PV数がアップするので、最後までお読みください。

 

ナカイの実績については以下の記事でご確認ください。

2018年の8月後半から始めた別のブログで2019年の12月末までのアフィリエイトの売上です。

2019年の実績

  • Amazonアフィリエイト:200万円以上
  • 楽天アフィリエイト:150万円以上
  • A8アフィリエイト:28万円以上

 

>>>2019年アフィリエイト売上実績を公開【ブログ歴1年3ヶ月の成果】

 

内部リンクとは?

内部リンクとは?

内部リンクとは自分のブログの記事内から他のブログ記事へと誘導するリンクの事です。

内部リンクを貼る事でSEO対策にもなります。

 

Googleのクローラーはブログの記事内に貼ってあるリンクを辿ってページを移動して記事をインデックスしたり、記事の評価を判断するからです。

 

さらに、読者にとっても関連した記事があると1回の訪問で多くのページを読んでもらえる可能性があります。

 

なぜ内部リンクを設定するのか?

なぜ内部リンクを設定するのか?

なぜ内部リンクを設定するのか?

結論をいうと

SEO対策になり、検索で上位表示を狙えるからです。

 

検索で上位表示される為には、最低限インデックスされる必要があります。

どこからも内部リンクの貼られていないページを作ったとしても、そのページが検索結果に表示されるまでには時間がかかります。

 

また、内部リンクを貼ることでページランクを上げ、検索での上位表示を狙うことができます。

狙ったキーワードでの上位表示を狙う上でも、内部リンクを設定する事はとても重要な事だと言えます。

 

その他のSEO対策については下記の記事まとめています。

>>>初心者にもできるSEO対策10選【僕が半年で行った全手法】

 

2つの内部リンク

2つの内部リンク

内部リンクには2つの種類があります。

 

次の2つです。

2つの内部リンク

  • テキストリンク
  • ブログカード

 

どちらが良いということも無いですが、個人的にはテキストリンクの方がクリック率が高いように感じます。

 

ブログのデザインによって使い分けてくださいね。

 

テキストリンク

テキストリンクというのはテキストで内部リンクを貼ります。

テキストだとアフィリエイトでも広告感が出にくく、ブログの文章内に自然に入れられるというメリットがあります。

 

その分、視認性は低くリンクだと気づかれなこともあります。

 

ブログカード

ブログカードというのは画像を含めた内部リンクになります。

画像があるので、視認性は高くなりブログの記事にもメリハリがあり、読者を飽きさせません。

 

しかし、アフィリエイトだと広告感が出てしまいクリックされづらいです。

また、外部リンクには使えないので用途は限られます。

 

実際の例をみてみましょう。

 

✓下記がテキストリンクです。

ワードプレスで使える有料テーマ

 

✓下記がブログカードです。

ブログ収益化の為のワードプレスで使える有料テーマ【初心者にオススメの3つ】
ワードプレスで使える有料テーマ【ブログ収益化の為の初心者にオススメの3つ】

続きを見る

 

どうでしょうか?

あなたがクリックしたくなる方を選んでみてください。

 

クリック率を上げる内部リンクの貼り方5つのコツ

クリック率を上げる内部リンクの貼り方

クリック率を上げる内部リンクの貼り方5つのコツを解説します。

 

僕が実際に試してみて効果があったものなので、次の5つをマネしてみてください。

5つのコツ

  • 文章に入れる
  • アンカーテキストにする
  • 内部リンクへ誘導する
  • 内部リンクの文を簡潔にする
  • リンクカラーは青

 

文章に入れる

文章に入れる

文章の中で自然な流れでリンクを入れると、クリック率が上がります。

内部リンクにすると文章の色が違うので、違和感なくリンク先のページに誘導することができます。

 

次のようにすると内部リンクが自然ですね。

ブログを始めたばかりで収益化できていない方は「収益化ブログのジャンルの決め方」で解説しているジャンルを選んでくださいね。

 

アンカーテキストにする

内部リンクはアンカーテキストにします。

アンカーテキストというのは、簡単言うとリンク先のキーワードを入れるという事です。

 

なぜなら、アンカーテキストにしないとGoogleのクローラーにリンク先のページに何が書いてあるかを伝わらないからです。

 

文章で説明するよりも、見てもらった方がわかりやすいかもしれません。

 

次の2つを見比べてみてください。

 

上記の2つはどちらも同じページに移動します。

しかし、パッと見ただけでは前者はどこのページに移動するかわかりません。

後者であれば、ブログを収益化できない7つの理由が書いてあるページに移動するんだなとわかります。

 

Googleのクローラーにとっても同じ事で、これがアンカーテキストにするという事です。

 

内部リンクを貼る時はアンカーテキストにすると、SEO的にもクリック率的にも良いです。

 

内部リンクへ誘導する

内部リンクをクリックしてもらう為に文章やイラストなどで誘導します。

内部リンクはただ貼っておくだけではなかなかクリックしてもらえません。

クリックしてもらえるように工夫が必要です。

僕もこの方法をよく使っています。

 

文章>>>という記号を使ってクリックを誘導しています。

 

内部リンクの文を簡潔にする

内部リンクの文を簡潔にする

内部リンクの文は簡潔に表示します。

 

ブログの記事タイトルは32文字前後で書いていると思いますが、タイトル全てをアンカーテキストにしてしまうと、読者にとってはちょっとうるさく感じてしまいます。

内部リンクにすることでテキストの色が変わり目立つので、テキストが長いと不快に感じる方も多くなってしまいます。

 

 

前者よりも後者の方が、クリックしやすいと感じませんか?

 

リンクカラーは青

リンクカラーは青

内部リンクのカラーは青にします。

ブログ内の青いテキストはリンクだと、認識されているからです。

内部リンクのカラーは青色以外にも設定することができます。

 

しかし、多くの人は青色のテキストをクリックすると他のページに移動すると認識しているので、クリック数を上げる為には青色にしておくべきです。

 

内部リンクとは?SEO対策でPV数を向上させる方法のまとめ

内部リンクとは?SEO対策でPV数を向上させる方法【初心者向け】

 

内部リンクとは?SEO対策でPV数を向上させる方法を解説しました。

 

最終的に言える事はこちら。

SEO対策になるので、内部リンクは必ず貼るべきです。

 

ただし、むやみやたらに内部リンクを貼ると評価は下がります

関連性のある記事に正しく内部リンクを貼ってくださいね。

 

大事なのは読者の気持ちになってある事です。

 

大事な事なので最後にもう一度確認しておきましょう!!

  • 文章に入れる
  • アンカーテキストにする
  • 内部リンクへ誘導する
  • 内部リンクの文を簡潔にする
  • リンクカラーは青

 

この様なブログに役立つ記事は下記にまとめていますのでご活用ください。

ブログの記事一覧

スポンサーリンク

\ この記事はどうでしたか? /

-ブログ

© 2020 ナカイのソラタビ Powered by AFFINGER5